INTERFACE 思考を中断させない直感的な操作

これまでのCADにはない描画概念を取り入れています。2Dで作図された各々の部品に立体情報を付加することにより、 図面から立体化が行える他、3Dモデルを図面中に表示しながら2D設計を行う事や、2D図面に3Dモデルが挿入できるなど、 作図とモデリングを融合させた独自の技術によるハイブリッド設計環境を提供します。
これによりオペレータは視覚的な確認・判断が容易に行える他、思考を中断する事なく直感的な操作が可能となります。

リボンメニュー

Microsoft Officeで採用されているリボンメニューに対応しました。カスタマイズも可能で各作業領域において関連性の高いコマンドを表示することにより、 作業効率の向上を図ることが可能です。

入力補助

手間の掛かる入力操作を支援する入力補助機能を搭載。下書き線を使わずに容易に目的のポイントから相対座標入力ができる他、モデリングの際の目的のエッジ群選択も区間エッジ選択により素早く行なえます。

先行選択

対象オブジェクトを選択すると、選択したオブジェクトによって実行可能な コマンドがマウスポインタ周辺に表示されます。 高い操作性で直感的な作図が可能です。

サブビュー

図面ビューとモデルビューを同時に表示/操作できるサブビュー機能を搭載。 モデリングの際、輪郭図形=図面ビューで選択し、高さ=モデルビューで指示など、操作性/視認性が向上します。

工程マネージャ/部位ツリー

ワーク・加工機・表裏・部位情報等をツリー構造を展開します。ツリーノード毎に加工済み・抑制・定義・削除の他、加工順序の変更・確認ができる事で NC作成までのプロセスを簡便化します。

ランチャー/ツールボックス

使用頻度の高いコマンドは、ランチャーで操作性が向上。また、ツールボックスに頻繁に参照する図面やEXCELなどのリスト、さらに部品や 穴データを登録しておくことで瞬時に呼び出しが可能です。

線幅表示

画面上で表示する2D図形や3Dモデルのエッジの線幅を設定できます。2D図形は、図形の線色や線太さから印刷時の線幅が自動設定されます。3Dモデルは、ワイヤ・サーフェス・ソリッドなどエッジの種類毎に線太さを設定できます。使用用途に応じて設定することで、図面やモデルの視認性が向上します。

3Dマウス

3Dconnexion社の3Dマウスに対応しました。モデルの回転やパン、拡大&縮小などのビューの操作機能等への簡単なアクセスを実現し、ワークフローをシンプル化して、生産性を向上させます。

標準フォーマット、主要CADフォーマットに対応し、豊富な変換パラメータが変換後の作業工数を軽減します。 さらにオプションで「CATIA V5」データも読み込む事ができます。

CGSの製品間では、シームレスなデータ連携を実現。モデルデータや加工穴属性データを渡す事が可能です。

*
「CATIA V5 トランスレータ」モジュールが必要です。
**
「Design 3D」モジュールが必要です。
注1*
「Base」モジュールにエクスポート機能はありません。
注2*
「CG Series for SOLIDWORKS」から出力される属性フォーマットです。
インポート エクスポート 注1*
  • DXF/DWG
  • 2D/3D-IGES
  • Parasolid
  • SOLIDWORKS
  • CATIA V5 *
  • STEP
  • IDI
  • BMI
  • exlnk 注2*
  • CAM-TOOL
  • DXF/DWG
  • 2D-IGES
  • BMI
  • CAM-TOOL
  • 3D-IGES **
  • Parasolid **
  • STL **
  • COMPONENTS

    システム構成

    システム拡張が容易なモジュール構成

    詳細はこちら 

    INTERFACE

    インターフェース

    思考を中断させない直感的な操作

    詳細はこちら 

    FUNCTIONS

    機能詳細

    他の追随を許さない豊富な機能

    VIDEO

    オペレーション動画

    ハイブリッド設計をビデオで見る

    詳細はこちら 

    SERVICE

    サービス

    実績と経験による充実した導入サポート

    詳細はこちら 

    User Case

    導入事例

    お客様の声・改善事例を紹介

    オンラインによる製品に関するお問合せ・資料のご請求はこちらのフォームをご利用下さい。