SOLUTION デジタルモールドNC


デジタルモールド®NC(周辺関連)

小ロット生産向けソリューション

デジタルモールド®NCは、有限会社スワニーによる「デザインファクトリー」構想の主力技術のひとつとして、3Dプリンタで造形した樹脂型(デジタルモールド)と、切削加工の技術を掛け合わせて成形を行う技術になります。

デジタルモールド®とは、3Dプリント樹脂型を用いてABS、PS、POM、PPなどの量産材料で射出成形ができる最新技術になります。 この技術はプレス加工にも活用されており、迅速で安価に量産材料が試作できるようになりました。量産に限りなく近い機械的物性をもった部品は少量生産の製品生産にも利用できます。


※ デジタルモールドは、有限会社スワニーの登録商標です。
※ 特許登録済:特許第6540940号、特許第6145537号、特許第6509038号

デジタルモールド®NCは、デジタルモールド(樹脂型)に切削加工を加え成形する方法です。デジタルモールド®の表面層を仕上げ加工することで、最終製品と同等レベルの寸法精度と意匠面を持つ成形品に仕上がります。 小ロット生産でも完成度の高い成形品ができる為、製造終了した製品の保守パーツ生産などにも対応が可能です。

また、1000〜2000個の小ロット生産に対しても、強度が必要な部分にアルミ型を使用し、複雑で加工に時間のかかる部分をデジタルモールドにすることで、短時間で小ロット生産に対応することができます。

※「デジタルモールド®NC」についてもっと詳しく知りたい方は、以下動画「デザインファクトリー」を確認ください。

CAM-TOOL

5軸マシニングセンタ対応金型加工システム

詳細はこちら 

EXCESS-HYBRIDⅡ

ハイブリッド金型設計製造システム

詳細はこちら 

AIQ (アイク)

金型・部品製造用 工程管理システム

詳細はこちら 



お問い合わせ(SI営業部へ)

Contact us

お電話でのお問い合わせ(SI営業部)

 お問い合わせ(SI営業部) 

製品カタログ(PDF)のダウンロード

 カタログ・ダウンロードフォームへ 

製品デモ・お見積のご依頼

 お問い合わせフォームへ 


PAGE TOP