Add-On 3DCAM Module for NX

NX 操作に準拠した高精度CAMモジュール

 2020年1月リリース予定 

Add-On 3DCAM Module for NX 

NX 操作に準拠した高精度CAMモジュール



これまで培ってきたコア技術を融合

「CAM-TOOL for NX」は、Siemens Digital Industries Software社が開発するハイエンド3D CAD /CAMシステム「NX」の操作に準拠した、金型/金属部品加工向け 3DCAMモジュールです。「CAM-TOOL for NX」にはCAM-TOOLの30年以上の豊富な加工実績とサポートで培われた技術が反映されたCAMソルバーが搭載されており、 微細・超精密形状加工から大物形状加工まで、工具の負荷変動を抑制した高品位かつ高効率な切削を実現します。
「CAM-TOOL」がこれまで切削で培ってきたコア技術とシーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア社の先進テクノロジーとの融合が、ユーザーの製造ビジネスの生産性を高め、収益性を向上させます 。

Siemens Solution Partner
「CAM-TOOL for NX」 は、Siemens Digital Industries Software社より、ソリューションパートナーとして認定されたNX CAD/CAMアプリケーションのアドオン・モジュールです。 NX - Siemens Digital Industries Software 製品



NX操作に準拠した作業環境

「CAM-TOOL for NX」のユーザーインタフェースは、NX CAMの操作に準拠し、ユーザーに一貫した作業環境を提供します。また、緊密な連携により、NX CAMの加工モードも混在可能で、ツールパス編集、ツーリング情報、マシンシミュレーション、製品製造情報(PMI)をはじめとしたNXが持つコア機能を最大限に活用する事が可能です。




制御点のそろった「サーフェス演算」

「CAM-TOOL for NX」は、ポリゴン演算、サーフェス演算の両方のCAMソルバーを搭載し、客先ニーズ、製品特性による効率重視/加工面品質重視など様々な加工シーンに対応します。特に「サーフェス演算」は、対象形状を近似ポリゴンに変換してCAM演算を行う一般的なCAMシステム とは異なり、曲面形状に工具を接触させる独自の演算ロジックにより、滑らかな加工動作と高精度な面品位を実現します。

高送りラジアスによる効率的な荒取り

高硬度材を高送りラジアスを使い効率的に荒取りがおこなえる加工モード「等高周回荒取加工(周回Ⅱ)」を搭載します。形状輪郭をオフセットする通常の等高線とは異なり、ワーク外形をオフセットしたツールパス計算を行うことで、常に両刃が被削材に乗る経路となり工具の片刃当たりによるビビリとチップの欠損を防ぎ、 工具の性能を最大限に活かした加工が可能です。

IPWによる未加工領域の自動認識

中荒取りなどにおいては、前工程の取り残り領域を正確に把握し、いかに効率よく加工するかがポイントになります。「CAM-TOOL for NX」は、加工完成形状と前工程の削り残し形状(IPW/インプロセスワークピース)の差異から未加工領域を自動検出しツールパスを出力します。

指定ツーリングで干渉しない領域を加工

深物加工などの場合、突き出しを短いものと長いものを使い分けいかに効率よく加工するかがポイントになります。 「干渉/衝突チェック」機能は、予めパス計算時にツール・ホルダ定義をすることで、干渉する場合には内部的に回避形状を作成し干渉しないエリアに指定した突き出し長さによる効率的なツールパスを生成します。さらに、出力できなかったエリアを自動認識するため、 オペレータは手間をかけず次の工程が作成できます。

等高周回荒取加工

等高線オフセットパスによる荒取り加工パスを作成。トロコイドやコーナーR挿入で、工具負荷を軽減します。 また、前工程の切削形状を参照した効率の良いツールパスが作成可能です。

取り残し加工

前工程での工具の入らなかった部位を自動検出し、ツールパスを作成。緩斜面は面沿い、急勾配や凹部は等高線と、部位ごとに効率良く加工を行います。また、ボールだけでなく、ラジアス、フラット工具を指定できるため、残り領域を正確に認識できます。

等高仕上げ加工

安定した高速・高精度加工を約束する、ダウンカットでの等高線加工。スパイラルタイプのツールパス作成にも対応し、接続移動の最小化を図る効果があります。また、傾斜の緩やかな部分や平坦部も一括で加工できるため自動処理に最適です。

倣い加工

指定した角度から緩斜面領域を自動抽出し、ツールパスを作成。走査線パスか周回パスかを選択できるので、形状特徴に合わせた加工が行えます。

水平領域加工

加工対象形状の中から、平坦部を自動抽出し、ツールパスを作成。加工経路は、ダウンカットを意識したオフセット周回パスを生成します。 ラジアス、フラット工具を用いた平面加工に有効です。

隅取り加工

小径工具を使用することが多い、凹稜線部のツールパスを作成。稜線の角度変化に応じて、自動的に加工方向を制御するので、工具の負荷変動を抑制できます。また、取り代を均一にする追い込み切削も負荷変動抑制に効果的です。

ペンシル加工

ボールだけでなく、ラジアス、フラット工具にも対応したペンシル加工。面の交差部を自動的に検出し、ツールパスを作成します。

部分加工

指示した曲面のメッシュ方向、または曲面の外輪郭方向にツールパスを作成。追加工に有効で、曲面の継ぎ目の処理の連続性に配慮しています。

カーブ加工

曲線を対象としたカーブ加工です。Z追い込み機能を有し、溝、キワ、文字などを正確に加工できます。




NX
    2.5Axis Milling Foundation または、3Axis Milling Foundation のどちらかを保有している必要があります。
Version
    NX 12.0.2
HARD
    OS:Windows10 Pro 64bit
    CPU:マルチコアプロセッサ
    RAM:8GB以上
    光学ドライブ:DVD-ROM
    USBポート:ドングル用
※詳細については販売店(株式会社電通国際情報サービス)へお問い合わせください。

株式会社電通国際情報サービス

本社
〒108-0075 東京都港区港南 2-17-1  03-6713-7106  03-6713-9908
関西支社
〒530-0004 大阪市北区堂島浜 2-2-28  06-6346-2011  06-6346-2910
中部支社
〒460-0008 名古屋市中区栄 4-2-29  052-238-4573  052-238-4579
広島支社
〒732-0814 広島市南区段原南 1-3-53  082-262-7705  082-262-9905


株式会社C&Gシステムズ SI営業部

〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-24  03-6864-0790  03-6864-0785 

EXCESS-HYBRIDⅡ

ハイブリッド金型設計製造システム

詳細はこちら 

CG Series for SOLIDWORKS®

SOLIDWORKS®アドイン 金型設計製造システム

詳細はこちら 

AIQ (アイク)

金型・部品製造用 工程管理システム

詳細はこちら 


PAGE TOP