CAD/CAMシステムの開発をしています。
お客様からくる要望を仕様化し、製品を作り込んでいくという点は一般的な業務ソフトウエア開発と同様だと思います。

特徴的なのは曲線や曲面などの形状を扱うため幾何学の知識が望まれることです。基本的な計算は過去に作られた自社ライブラリや外部ライブラリが行ってくれますが、それらで不足する部分は自分たちで作る必要があるためです。

社内では形状処理勉強会が開催されており、若手はそこでライブラリの中身がどうなっているのかを学んでいます。

アルバイトに参加し、おもしろい社員の方がいたのでこの会社を選びました。

もう少し具体的な理由としては機械工学、情報工学、心理学を専攻し、趣味としてコンピュータグラフィックスや数値計算を学んでいたため、ちょうどこれらの知識を仕事に使えると考えたからです。

趣味を仕事にすると実際の業務との乖離(かいり)に悩むかもしれません。しかしどうせ悩むなら、趣味を仕事に活かしたほうが得策だと考えています。

部署内外のいろいろな仕事がまわってくるのがおもしろいと思います。

1年間CADをやり、1年間CAMをやり、などと横断的に経験できるため、業務を通じて広く深い知識を身につけられます。

最近は、業務を単なる効率化ではなくより賢く省力化する方法について勉強し、活用しています。またこれをグループメンバーにも普及させることを考えています。

リリース直前に致命的なバグを作ってしまったことがあります。

幸い社内リリースであったためお客様に損害を出すということはなかったのですが検証部門の方に厳重注意を受けました。

特に痛かったのは報告を受ける前にそのバグに気づいて修正を完了していたことです。しかしそのバグが実は致命的であることに気づけなかったため報告することなく過ごしてしまいました。

このときリリースという区切りの重要性を再認識しました。

どんな会社に行っても自分の好きなように仕事を変えていけるという楽観的な自信があれば楽しく過ごせると思います。

そのためには学生時に「勉強する方法」を勉強することは重要です。
勉強、学習は研究と違って過去に世界のだれかがすでに行っており、そのための道も整備されています。

この力は現在持っている知識だけでなく将来得られる知識を保障するため自信につながると思います。

 

 

 



Page Top
仕事への情熱と製品への愛情を持てる人を求めています。

モノづくりの現場で使っていただくソフトウェアを生産している当社。お客様のところへ出向き、実際に使う人や生産現場に合うようにカスタマイズして提供しています。

 

一生をかけて自分の付加価値を高めたいと思う人や、社会に貢献したいと思う人にピッタリの仕事。だからこそスキルだけではなく”自分の仕事をどれだけ好きになれるか” ”手掛ける製品をどれだけ愛せるか”その気持ちが大切です。モノづくりが好きで、仕事に真面目に取り組む姿勢がある人を私たちは待っています。