CADシステムの開発。弊社パッケージ商品CG Press Design(プレス金型用3次元CAD)の開発に携わっています。
私が現在の部署に配属された当時は、既存のプレス設計支援用システムを一新し、この商品を開発しようという段階でした。

現在はこの商品のメンテナンスおよび、ユーザ様からの要望を基にした新規機能の開発を行っています。
チームでほぼ0に近い状態から、試行錯誤を行い、1つの商品を作り上げるというのは大変であり、やりがいのあるものでした。

丁度、私が大学院の学生の頃、学生活用推進室という部署が立ち上がりました。簡単に言えば、学生の皆さんにアルバイトを募って、プログラム開発を業務として体験していただくという部署です。

このアルバイトの募集を聞いたとき、最初は単純にお金欲しさから、応募しました。研究に使用していたこともあり、プログラミングを行うことが好きだったというのもあります。アルバイトに採用されることになり、そのままの流れで入社を決めていました。

魅力的な先輩社員が多く、仕事も楽しかったからというのもありますし、 また、ソフトウェアメーカーであるという点から、自身のスキルを身につけられる機会が多いだろうと漠然と思ったのを覚えています。

携わった商品が世に出た時はやはり嬉しいというか、感慨深いです。要望から仕様を起こし、打合せを重ね、開発を行い、新たな追加要望が出てきて、作り直し…、不具合を探し、修正し、え?また要望??

ソフトウェア会社には、そういったものは付き物だとは思っていましたが、聞くのとやるのとではやはり全然違います。それだけ、苦労して作っていった商品がリリースされたときは、もう子供が成人した気分です。(子供はいませんが…)

開発職、特にソフトウェアの開発職というのは、好き嫌いの激しい職ではあると思いますが、好きな人はどっぷりと浸かれる職だと思います。

CG Press Designですが、外部モジュールを一部使用しています。現在の開発の進捗報告、今後の方針の打合せ、こちらからの要望の提出等を行うため、モジュール提供元の企業まで出向きました。

その進捗報告の時に、開発途中のCG Press Designを先方の開発メンバーに見てもらう予定だったのですが…、不完全な状態のマシンを持っていったため、機能を使おうとするとソフト自体がダウンするという目も当てられない状態でした。

事前準備をしっかりしておけば問題なく行えたことなので、相当悔やみましたし、しっかりと怒られました。事前準備は計画的に。はこれからの教訓です。

ちなみに、その企業との関係がこれで壊れたということはなく、現在もいい関係が築けていると思います。

私自身はアルバイトをきっかけとした入社なので、参考にはあまりならないと思いますが、就職活動は、もっと多くの企業を訪ねていればよかったなと思っています。

特定の業種に絞るのもいいと思いますが、その業種・業界から広げていき多くの企業を訪ねることをお勧めしたいです。 この時期でしか、さまざまな企業を訪れる機会はそうそうありませんし、自分の視野を広げ、本当に自分に合った企業を探す機会にもなります。 希望していた企業との比較もできますし。

また、より多くの企業を知ることで、働き出してから役に立つことも多くあります。 これからの人生の大きな岐路だと思うので、よく考え、よく悩んで、できる限りのことはしてほしいと思います。

 

 

 



Page Top
仕事への情熱と製品への愛情を持てる人を求めています。

モノづくりの現場で使っていただくソフトウェアを生産している当社。お客様のところへ出向き、実際に使う人や生産現場に合うようにカスタマイズして提供しています。

 

一生をかけて自分の付加価値を高めたいと思う人や、社会に貢献したいと思う人にピッタリの仕事。だからこそスキルだけではなく”自分の仕事をどれだけ好きになれるか” ”手掛ける製品をどれだけ愛せるか”その気持ちが大切です。モノづくりが好きで、仕事に真面目に取り組む姿勢がある人を私たちは待っています。