私が就職活動をしていた時は、SE(システムエンジニア)という言葉が流行っていました。何をしたいという目的より、漠然とその業種の会社を探す事を中心に就職活動を行っていました。 しかし、会社説明会で何社かお話を聞いていく中で、自分がその職に就いたイメージを描いても、「やりがい」や「楽しさ」を想像する事が出来ませんでした。
      
そんな中、当社のホームページを見つけました。日本の製造業は世界一の技術力だという認識はありましたが、その製造業を支援するソフトを作っていて、かつ業界No.1のシェアを誇っていることを知り、自分自身もその一員として、製造業の更なる発展に役立ちたいと強く思いました。

【入社1年目】 教育センターから営業へ

初めは教育センターという部署に配属されました。
そこは、商品のオンラインヘルプや講習テキストを作成する部署でした。
当社の商品の事はもちろん、パソコンに対するスキルも無かった私ですが、先輩・上司の方々からとても分り易く指導していただき、 半年間の経験を経て営業に配属されました。

いつかは営業として活躍したいとの思いがありましたが、こんなに早く配属されるとは思っていなかったので不安もありましたね。 しかし、先輩との同行など、しっかりとした指導を受ける事が出来たことで、安心して営業活動ができるようになりました。

初めて注文書をいただいた時の感動は今でも忘れません!!  恐らく一生忘れる事が出来ないと思います。

【入社2年目】 社長賞

私が営業としてお客様へ訪問する様になった時は、先輩が訪問しそうに無いお客様を集中して巡回していました。
先輩に営業で勝つ事はとても無理だと思っていたからです。 そして、誰よりも日々の訪問件数を多くする事を心掛けていました。

そんな日々を過ごす中で、入社2年目で初めて営業成績で社長賞を貰う事が出来ました。当時は、全国で5位以内の営業に社長賞が出ていたのですが、初めて5位に入る事が出来たのです。子供の頃にテストで良い点を取って親から褒められた時の様にはしゃいでいたと思います。仕事の楽しさや、やりがいを体感することができました。

その後は先輩や上司の指導のもと、順調に営業成績が上がっていきました。振り返ると、毎日が楽しく充実した日々だったと思います。

【入社6年目】 マーケティンググループのリーダーを兼務

営業の後輩社員が増えてきて、もっと新規案件を増やす事が出来ないか?もっと営業経験が浅い社員でも簡単に売れる仕組みを作れないか?などと考えていた時です。
部長からマーケティンググループを新設して、立ち上げてみないか?との打診がありました。

営業活動も行いながら、兼務という形でマーケティンググループのリーダーを任され、 年間1千万円以上の予算をもち、展示会の企画・運営や販促資料の制作などを行いました。

その後、営業グループのリーダーも兼務しましたが、営業成績を落とさずに両方の活動をする事はとてもハードなものでした。 それまでは殆ど経験が無かったのですが、その頃はミスを度々してしまう事がありました。 そんな時は上司や後輩達の助けを借りることもでき、私は人に恵まれたと今でも感謝しています。

【入社8年目】 大阪支店に配属

私は北九州で採用された後、直ぐに東京へ赴任して7年を過ごしたのですが、初めて他の支店へ転勤する話がありました。家族に相談もせずに、その場で大阪支店への異動を快諾しました。 「若いうちは何事も経験!」という事を普段から思っていたからです。

大阪では、その地域ならではの営業戦略がある事を初めて体感しました。また、一人一人の個性を生かしたとてもアットホームな環境でもあり、この様な支店運営もあるのだと、たくさんの事を学びました。

その頃、営業グループリーダーから副支店長になりました。
大阪にはわずか1年半の赴任でしたが、とても濃い時間を過ごす事が出来たと思います。
更に、「何事も経験してみなければ分らない」 と思う様になりました。

その後再度、東京支店への赴任となりました。

【入社14年目~現在】 松本営業所開設

2011年に松本営業所が開設され、現在は東京支店副支店長と松本営業所長を兼務しています。

厳しい市況が続いている中でも営業所出店前に比べて、売り上げは順調に伸びています。現地のお客様からも、サポートに対する満足と安心感が大きく上がったとの声を聞きます。 それは、アットホームな雰囲気の中で、営業所員(営業・技術)がそれぞれを思い、助け合いながら仕事が出来るからだと思います。

所帯の大きな東京支店、少人数の営業所、それぞれ仕事の手法に違いはありますが、社員が共通して向上心を持って働く素晴らしい環境で、日々仕事に励んでいます。

私が後輩社員によく話している事があります。

寝ている時間を除けば、一日の半分以上は仕事をしている時間です。
同じ時間を過ごすなら楽しくてやりがいのある時間にしよう。
それが出来るのは本人次第です。皆さんにもその事を体感して欲しいと願います。

最後になりますが、一人では仕事は出来ません。
私はこれまで多くの人に助けてもらい、また励まされてきました。
この様な素晴らしい環境で仕事をさせていただいた当社が好きです。入社後14年経った今でも、この会社で働くことができた事に感謝しています。
皆さんにも将来、仕事を通じて、いつかそう思える日が来ることを願っています。

 

 



Page Top
仕事への情熱と製品への愛情を持てる人を求めています。

モノづくりの現場で使っていただくソフトウェアを生産している当社。お客様のところへ出向き、実際に使う人や生産現場に合うようにカスタマイズして提供しています。

 

一生をかけて自分の付加価値を高めたいと思う人や、社会に貢献したいと思う人にピッタリの仕事。だからこそスキルだけではなく”自分の仕事をどれだけ好きになれるか” ”手掛ける製品をどれだけ愛せるか”その気持ちが大切です。モノづくりが好きで、仕事に真面目に取り組む姿勢がある人を私たちは待っています。