PRESS

3D CAD System for Press Die



レイアウト設計・自動設計・連動機能に優れたプレス金型設計システム

金型部品の標準搭載、ユーザーカスタマイズのデータ構築により、お客様独自の標準化が可能です。
2014年2月にSOLDIWORKS社「ゴールドプロダクト」として認定された事で、SOLIDWORKS UX(ユーザー EXPERIENCE)の価値をさらに高めます。



ブランク展開

【 工程ボディ作成 】
曲げ面や成形面を展開していきながらブランク形状を作成します。曲げ部の半径や角度は、製品形状から自動 認識、マスタで設定された K係数(λ値)を与える事で展開形状を自動作成します。また、無理曲げやバーリ ング展開、スプリングバック、曲げ戻しなどあらゆる工程モデルの作成が可能です。


絞り形状部分だけを切り出し、絞り一括展開機能を利用することで展開が可能です。 展開の過程はフィーチャ(履歴)が作成される為、修正/編集に手間取る事もありません。SolidWorks® との 親和性が高く、成形部などはSolidWorks® 汎用機能を使用してブランク展開する事ができます。


レイアウト設計

【 レイアウト展開 】
作成された工程ボディから自動的にステージ配置し ます。歩留り計算、ちどり配置、ミラー配置などの 板取り検討や、材料幅、桟幅、送りピッチ、ステー ジ数など部材検討を自由に行なう事ができます。

【 曲げ成形パンチ作成 】
曲げのシリンダ面や成形面から簡単に曲げ/成形パンチ(ダイ)を作成する事ができます。 作成した曲げ/成形パンチは製品形状の変更に連動、前工程形状と曲げパンチとのアタリを確認しながら曲げパンチの設計を行う事でミスを軽減します。

【 抜きパンチ作成 】
製品内の穴を自動認識してピアスパンチの一括作成が可能です。特に丸の抜き穴が多数存在する場合などに効果的です。また、外形抜きの切刃はスケッチ機能により自由に作成/検討が可能で、製品輪郭を 自動抽出するため、製品輪郭をトレースする必要はありません。また、集合切刃イメージで複数の抜きパンチの切刃輪郭スケッチを同時作成可能とすることで、パンチのマッチングカット状態を確認しなが ら切刃設計が可能です。マッチングや、ヒール、ルーフ、シャンク、フランジ、プロファイルなどの、パンチ編集機能も豊富に用意されています。

【 型構造設定情報 】
レイアウト設計/検討段階で仮型構造情報(プレート厚やXYサイズ)を与える事が可能で、パンチ寸法などはこの情報に連動して変更されます。 また、パンチの取り付け位置などもこの情報に従って自動決定されるため、型構造イメージを意識しながらレイアウト設計を進めることが可能です。





【 パイロット配置 】
パイロットパンチを標準部品として配置する事が可能です。 パイロット規格などは指定される抜きパンチと型構造情報から自動設定され、任意の規格変更も可能です。 配置パターンとして、有効ステージ範囲やステージの刻み量、アイドルステージに配置しないなどの条件で複数本の同時配置が可能で、SolidWorks 汎用機能との連携により、 配置ステージの変更も簡単に行う事ができます。

【 固定キー作成 】
パンチのシャンク面を指示して、固定キーを一括作成します。周辺部品との干渉を確認しながら配置できる為、配置ミスを軽減できます。 配置される固定キーは標準部品、製作部品から選択可能で、固定キー配置と同時に自動でキー溝も作成されます。 また、複数パンチを一括で固定する異形固定キーの作成もサポートしています。

【 シャンク作成 】
自社標準ルールに沿ったシャンクサイズのマスタ化が可能です。 このマスタを利用することで、面倒なシャンク設計をパンチの範囲選択により一括作成が可能となります。 作成されたシャンクはフィーチャで管理されている為、編集作業も容易に行えます。

【 入れ子作成 】
自社標準ルールに沿った入れ子サイズのマスタ化が可能です。利用することで、パンチガイド、ダイブロックといった入れ子類を一括作成できます。 また、高度な設定では隣接する入れ子を自動結合するなどの設定も可能です。

【 スペーサ作成 】
作成した入れ子にアンダースペーサ、サイドスペーサを自動作成します。 アンダースペーサは部品研磨の自社のルールに沿って複数枚の設定が可能で、サイドスペーサは入れ子の位置決め方向に従った挿入が可能です。

【 材料ガイド作成 】
型内ガイドを容易に作成します。ガイドの配置は部材を自動認識する事により自動的で決定されます。 また、パイロットやリフタの逃がし処理も同時に行う事が可能です。


型構造

【 ユニット 】
バネと吊りボルト、社内標準入れ子とボルトなど標準的に組み合わせて使用する部品をユニット部品として登録できます。 部品間に合致や寸法拘束、関係式を利用する事により、それぞれの部品のサイズ変更や位置変更など、自在に動作させる事が可能です。 設計の標準化と設計手順のリサイクル化が可能になります。

【 ユーザーパーツ 】
社内製作される汎用部品をユーザーパーツとして登録し、オリジナルカタログを作成する事が可能です。直観的で簡単なオペレーションで登録作業が行えます。



【 ダイセット作成 】
双葉電子工業の標準ダイセットを自動作成します。プレートサイズ変更やプレート挿入を使用し、ユーザ独自のカスタムダイセットとして登録が可能です。 カスタムダイセットに予め、締付け、ノック、ストリッパボルトなど使用頻度の高い部品を登録しておく事で型構造設計時の負担を軽減します。

【 標準部品 】
双葉電子工業、ミスミの標準部品を約6200種類標準搭載しています。プレビューで配置状態を確認しながら、位置、長さなどのパラメータを設定できます。また、加工テンプレートも標準搭載している為、 面倒な加工属性設定もワンクリックで設定、穴あけを行う事ができます。なお、標準部品配置時にL寸連動の属性を付加しておくことで、ダイセットのプ レート厚変更に連動して、最適なピン長さに自動的に連動します。

図面支援

【 図面ばらし 】
アセンブリファイル、パートファイルから図面ファ イルを一括で作成します。予め用意したマスタによ って、複数部品を一つの図面として出力する 組立図 の設定や用紙サイズ、表題欄の設定も可能です。 なお、図面ばらしの際に穴リストや自動寸法作成の 有無も設定可能です。

【 自動寸法 】
作成した図面に対し寸法を自動作成します。寸法は、 投影面ごとに寸法タイプ選択ができる他、穴属性に 応じた作成有無も設定可能です。 寸法の作成方法をマスタに登録することが可能です ので、パンチやダイ、プレートなど部品の種別ごと に寸法の作成方法を設定できます。


絞り形状展開機能(オプション)

【 一括展開 / 部分展開 】
絞り形状展開オプションです。一括展開は成形面を 一括展開し、材料データベースを元に分析やシミュ レーション(展開アニメーション表示、簡易解析) が可能です。部分展開は、指定曲面上への展開や指 定曲げ位置からの展開が可能です。展開角度指定、 先端形状保持、展開方向調整などの豊富なパラメー タにより、 途中形状モデリングの検討が可能です。
リーフレットはこちら>>

プレス解析機能(オプション)

【 絞り一括展開  / スプリングバック 】
「絞り一括展開」機能は、全てのモデル曲面をメッシュ分割し、曲面の展開形状を作成できます。 展開した曲面に展開前の曲面のエッジや頂点を投影したり、展開輪郭を作成することも可能です。 同時に板厚減少率を描画できますので、視覚的に絞り部分を確認できます。
「スプリングバック」機能では、解析結果から、最大開 き角度、角度分布を視覚的に確認ができる他、変形 した外周輪郭の作成、現在の製品形状となるような、 見込の製品輪郭スケッチ作成が可能です。