SOLIDWORKS

All matters of the designing process will be solved with [SOLIDWORKS] innovative functions.



最新で最高の設計環境を提供。

設計プロセスの課題を「SOLIDWORKS」による革新的な機能で解決する。



主な機能

【 多彩な確認機能 】
パーティングライン作成時に、自動で抜き勾配を分析できます。抜き勾配分析、曲率表示、アンダーカット解析などなどいろいろな確認手法が用意されています。

【 モールドツール 】
マルチボディ特性を生かしたキャビ、コア、スライド、入れ子割りなどの型割支援コマンドを用意しています。

【 シミュレーション 】
部品の動きや衝突検知について、アニメーションで確認することができます。また、作成したアニメーションをAVI 形式で出力できますので、動画の組立て指示書なども簡単に作成できます。

【 2D → 3D変換 】
DXFやDWGなどの2Dデータを部品ファイルに取り込み、そのデータを基に3D形状を作成することができます。


【 SolidWorks eDrawings 】
2次元図面や3次元モデルの設計データを共有するための無償配布のビューア/パブリッシャです。CADを持たない関係者が簡単に製品設計レビューを行うことが可能になります。

【 板金機能 】
板厚やベンド半径を基に曲げ係数などが設定できます。また、作成した製品形状から展開形状を自動作成します。

【 SWIFT 】
ドラッグ操作による形状編集、エラーの自動修正、複数エッジの一括選択などの機能が含まれており、フィレット、 抜き勾配、スケッチなどで発生する不整合を 自動的に修正します。

【 設計テーブル 】
埋め込まれたMicrosoft® Excelのワークシート内のパラメータを設定する事により部品または、アセンブリの複数 のコンフィグレーションを構築することができます。

【 加工穴作成 】
加工属性が付加されたピンに対して自動的に穴を作成します。ピンが移動すると穴も連動します。スケッチを使用した加工穴作成も可能です。 また、作成された穴の加工属性はCAM機能に連動します。

【 その他 】
フィーチャーパラメトリック機能
モデルの作成過程は、Feature Managerによって時系列に保存されます。形状を定義する為の数値も同時に保存さるため、工程を遡っての修正、 過程の追加、形状の修正が可能です。
FeatureWorks
インポートとした履歴の無いモデルから形状を自動認識し、押し出し距離やフィレットの値を直接編集できます。
コンフィギュレーション機能
1ファイル内に異なる形状をした様々なバリエーションを作成することが可能です。 サイズ違い/仕様違い/用途違いなどの部品やアセンブリを、効率良く作成/管理できます。

モデリングオプション

【 DXFフィルター 】
三面図や断面図を作成する際に加工を意識し、スプライン線や楕円を近似円弧や直線に変換してDXFデータに出力することができます。
※eModeler/CG BaseModelerに標準搭載。

【 電極作成 】
キャビコアなどの対象部品から電極の作成部位を自動抽出し、電極を作成できます。ギャップ量などは 個別に指定でき、作成した電極を1つのシャンクにまとめて作成することもできます。
※MoldDesign/PressDesignに標準搭載。

【 インボリュート 】
転移量、マタギ歯圧、オーバーピン径などの必要な情報を入力するだけで、高精度な歯車形状を作成できます。 またインボリュート曲線の作成も可能です。