当社のCAD/CAMは、設計~加工の工程において2次元~3次元データで金型製造全域に対応し、金型企業様の作業効率改善をご支援しております。
2次元CAD/CAMには、金型メーカーが慣れ親しんでいる図面設計感覚で描画できるというメリットがあり、また3次元CAD/CAMには、可視性に優れ、複雑な曲面の設計、CAE等、関連システムへのデータデータ展開が可能というメリットがあります。

一方、主力製品のポジションとしましても、2次元・3次元のハイブリッド金型設計を実現する「EXCESS-HYBRID」、5軸加工にも対応する3DCAMの「CAM-TOOL」、そして製品設計から金型設計、加工まで、データ変換をすることなく、一貫してソリッドデータを活用する「CGシリーズ」と、お客様の目的に応じたご提案を行っております。







経済産業省「機械統計」の分類では、国内金型生産は「プレス型」「鍛造型」「鋳造型」「ダイキャスト型」「プラスチック型」「ガラス型」「ゴム型」「粉末冶金型」の6つに分類されておりますが、当社では主に「プレス型」「プラスチック型」」「ダイキャスト型」に対応しております。
この3分類で、全金型の90%を超えることになりますので、非常に幅広く対応していると言えます。

このほか、部品加工や、試作加工にも対応しております。



ミクロン単位で髪の毛以下のような微細加工から、車のバンパーのような大物加工まで
多軸制御にも適応した付加価値の高い金型製作にも対応しております

 






当社のCAD/CAMシステムは、国内で6,000事業所、海外を含めると7,000を超える事業所に導入されております。
新システムリリース時には、既存ユーザに対し買い替え需要を喚起させることで販売を進めることが可能です。
一方、システム販売と並行して保守サポート契約に加入、契約を継続していただくことにより
安定した収益を確保することができます。

これに、新規のユーザー開拓を並行して推進することで、増収につなげてまいります。

当社グループのCAD/CAM販売の海外子会社は、タイとカナダに1拠点あり、
また海外サポート拠点として、インドネシアにテクニカルセンターを設置しております。

当社では現在水平展開の適応能力を持った日系金型メーカーに
国内・海外で同様の製品・サービスを提供することと並行して、近年増加している
現地ローカル企業の開拓を進めております。
現地ローカル企業への販売拡大を実現するには、その国のスタッフによる同じ言語での、
迅速な技術サポートが、信頼感を醸成するためにも必要と認識しております。

これに対応するため、当社では「技術代理店」を活用したフランチャイズ化を進めております。
中国および韓国ではすでに、CAD/CAMの技術を熟知した優れた
技術代理店経由での販売・サポートを行っております。
また同時に「API」と呼ばれる技術を使ったソフトウェアの一部をカスタマイズできるツールを提供し、
顧客のカスタマイズニーズに対応できるよう、「APIサテライト」の構築を目指しております。

このような地域完結型の販売、サポート、カスタマイズの体制を推進することで、
さらなる海外展開を図ってまいります。

 

 

 

 

Page Top
適時・正確・公平に、かつ分かりやすい情報提供を目指してまいります。

当社は、株主、投資家、お客様ほか社会から信頼を得てそれを維持すること、 ならびに当社株価の適正な評価およびそれに基づく適正な株価形成が行われることを目的としてディスクロージャーを行っております。

 

そのため、IR活動を行うにあたっては、常に誠意を持った対応を心がけます。 また、当社の方針や戦略、財務状況等の情報を適時・正確・公平に、かつ分かりやすく提供することを基本姿勢とし、努力してまいります。

「ディスクロージャーポリシー」より抜粋)