ホーム > IR情報 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー


ディスクロージャーの目的および基本姿勢


当社は、株主、投資家、お客様ほか社会から信頼を得てそれを維持すること、ならびに当社株価の適正な評価およびそれに基づく適正な株価形成が行われることを目的としてディスクロージャーを行っております。
そのため、IR活動を行うにあたっては、常に誠意を持った対応を心がけます。また、当社の方針や戦略、財務状況等の情報を適時・正確・公平に、かつ分かりやすく提供することを基本姿勢とし、努力してまいります。

ディスクロージャーの基準


当社は、金融商品取引法等諸法令および東京証券取引所の定める「有価証券上場規程」(以下「適時開示規則」という)に沿って、ディスクロージャーを行っております。また、当社は、適時開示規則に該当しない情報につきましても、投資家の皆様の需要に応えるべく、できるだけ積極的かつ公平に開示する方針です。

情報開示の方法


適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する適時開示情報閲覧サービス(TDnet)にて公開しています。さらに、東京証券取引所内記者クラブの「兜倶楽部」を通じた報道機関への公表を行っております。

ウェブサイトへの掲載


当社では、TDnetへの情報登録後、できる限りすみやかに本ウェブサイトにも同一情報を掲載しております。適時開示規則に該当しない情報につきましても、投資家の皆様の理解を助けると判断した場合は、本ウェブサイトに逐次掲載してまいります。

将来の見通しについて


当社が開示する四半期ごとの業績および本ウェブサイトに掲載する情報の中には、現在の計画や将来の見通し、戦略などが含まれている場合がございます。それらの情報について、当社では、できる限り精度を高めるよう努力しておりますが、過去の事実でないものは、いずれも現在入手可能な情報を元に当社が合理的と判断したものであり、不確実性やリスクを含んでいます。したがいまして、将来、実際に公表される業績等は、経済情勢、市場動向、税制や諸制度の変更等の外的要因により大きく変動する可能性があることをご承知おきください。また、これら将来の見通し等の情報に全面的に依拠して投資判断されることは控えていただきますようお願い申し上げます。

沈黙期間について


当社は、決算発表準備期間中における決算情報の漏洩およびこれによる株価への影響を防ぎ、また公平性を確保するため、決算発表日前4週間を沈黙期間としています。この期間中は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想から大きく乖離することが見込まれる場合には、適時開示規則に従い適宜公表することとしております。

株価情報について


株価は、あくまでも市場の売買により決定されるものですので、当社は、株価や出来高、あるいは発生事実につき一切コメントをしない方針です。



Page Top
適時・正確・公平に、かつ分かりやすい情報提供を目指してまいります。

当社は、株主、投資家、お客様ほか社会から信頼を得てそれを維持すること、 ならびに当社株価の適正な評価およびそれに基づく適正な株価形成が行われることを目的としてディスクロージャーを行っております。

 

そのため、IR活動を行うにあたっては、常に誠意を持った対応を心がけます。 また、当社の方針や戦略、財務状況等の情報を適時・正確・公平に、かつ分かりやすく提供することを基本姿勢とし、努力してまいります。

「ディスクロージャーポリシー」より抜粋)