ホーム > IR情報 > 個人投資家の皆様へ > CGSってどんな会社?

 





工業製品を量産する際には、必ず「金型」を用い、その型に樹脂や金属を流し込んで、大量生産していきます。
「たい焼き」を作る時のことを思い出してください。
たい焼きの金属の型に、生地を流し込み、あんを入れ、一度に何度も作っていきますね。
金型による量産は、たい焼きの作り方にとても似ているのです。




CAD = Computer Aided Design

コンピュータ支援設計


「CAD」はどんな製品を作るかを
コンピュータ上で設計するもので、
金型設計用CADとは、製品設計データを元に、
金型特有の構造を計算しながら
精度の高い設計を進めていくツールです。


CAM = Computer Aided Manufacturing

コンピュータ支援製造


「CAM」は設計データから、
カッターパスと呼ばれる金属を削るための
工具経路データを生成します。
どれだけ美しく、速く、そして高精度に金属を削れるかというのは、
このCAMの性能に大きく依存します。




自動車の生産にたとえれば、新車計画、設計の後、
金型をつくり、その金型で部品を作り、組み立てて、量産していきます。

自動車部品の設計データは、金型をどこで分割するか、
どこから樹脂の流し込みを行うか、などの 金型向けの設計を行ったのちに、加工が施されます。


 

   

 

 

 

Page Top
適時・正確・公平に、かつ分かりやすい情報提供を目指してまいります。

当社は、株主、投資家、お客様ほか社会から信頼を得てそれを維持すること、 ならびに当社株価の適正な評価およびそれに基づく適正な株価形成が行われることを目的としてディスクロージャーを行っております。

 

そのため、IR活動を行うにあたっては、常に誠意を持った対応を心がけます。 また、当社の方針や戦略、財務状況等の情報を適時・正確・公平に、かつ分かりやすく提供することを基本姿勢とし、努力してまいります。

「ディスクロージャーポリシー」より抜粋)