「JIMTOF2012( 第26回日本国際工作機械見本市 )」に出展(2012年11月1日―11月6日)


2012年11月1日から11月6日までの6日間に亘り、東京ビッグサイトで「JIMTOF2012(第26回日本国際工作機械見本市)」が開催されました。

「匠の技と先端技術の融合(〝Mono-Zukuri〟 innovation)」をテーマに開催された今回は、6日間で総来場者128,674名(うち海外8,344名)と、前回を12.3%(海外9.4%)を上回る人が会場を訪れました。 会場では、工作機械をはじめ、生産財メーカーの最先端技術が一堂に会し、大変な活況を呈していました。

 

 

当社ブースにおいては、デモコーナーでCAD/CAM製品(CAM-TOOL、EXCESS-HYBRID、CGシリーズ)の最新バージョンをご紹介するとともに、ブース内にじっくりお打ち合わせできる複数の商談コーナーを用意し、ご来場の皆様をお迎えしました。 6日間で1,000名を超える方々がブースへお立ち寄りいただき、お陰をもちまして盛況のうちに会期を終えることが出来ました。 ご来場、誠にありがとうございました。



サンプル展示コーナーでは、「高硬度・難削材の直彫り加工」「プロセス改善」「新機能・研究開発」「5軸加工」をテーマとした各種切削サンプルや、エンドユーザー様、生産財メーカー様によりご提供頂いた「切削品」「成形品」などの実加工品を展示するなど、加工技術の最新動向をご紹介し、来場者の注目を集めました。

 

海外パートナースペースでは、IGPNET社(韓国)およびCreateWell社(台湾・中国)より、 東アジアからお越しの来場者に、弊社製品をご紹介いただきました。

   

 



Page Top
お気軽にお問い合わせください。

当社は、お客様の個人情報の保護および適正な取り扱いを大切に考えております。

 

ご質問・ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらまで。 個人情報保護方針はこちらをご覧ください。