初春を迎えるにあたり、謹んでご挨拶を申し上げます。

昨年は、西日本豪雨や北海道地震などの自然災害により、各地で甚大な被害をもたらしました。 現地で復旧にご尽力されている皆様には安全と健康に留意され、一刻も早い復興を祈念しております。

さて、世界経済は通商を巡る米中摩擦など依然として先行き不透明な状況にあります。 我が国の経済、とりわけ日本のモノづくり産業においては、自動車関連を中心に好調を維持し、景気変動の先行指標と言われる工作機械においては、中国で減速が見られるものの、高付加価値機を中心に内需・外需ともに高い水準にあります。 また、多くの製造現場では人手不足などを背景にAI、IoTなどの先進技術を応用した「自動化需要」がこれまで以上の高まりを見せております。 

このような環境下、弊社は、現在のCAD/CAM事業を中核に全体最適を一段と進めるプロジェクトとして、金型・部品製造向け工程管理システム「AIQ(アイク)」を全面刷新し、昨年7月にリリースいたしました。 CAD/CAMや工作機械などの生産設備とのデータ連携を図ることで、技能伝承が遅れる製造現場の業務を効率化するIoT製品として、幅広くご利用いただける環境が整いました。

また、昨年出展した国内・海外での国際見本市では、パートナー企業様との協業も一段と進み、いずれも弊社ブースでは活況を呈するなど、業界の皆様からの強いご期待に身が引き締まる思いであります。 今後も、現有商品の強化は勿論のこと、新たな市場開拓製品の開発も並行して進め、モノづくりに従事する皆様のご期待に沿うべく、業容拡大と企業価値の向上に努めて参る所存です。

これからも、多様化・高度化する量産技術の変化を先取りし、金型製造分野をはじめモノづくりの省力化・効率化に寄与することで、“グローバル・ニッチ・トップを目指す”という一貫した方針を継続してまいります。

本年も倍旧のご支援を賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。


2019年1月7日
株式会社C&Gシステムズ
代表取締役社長

塩田聖一

 



Page Top
お気軽にお問い合わせください。

当社は、お客様の個人情報の保護および適正な取り扱いを大切に考えております。

 

ご質問・ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらまで。 個人情報保護方針はこちらをご覧ください。