「金型」にこだわり続け、純国産CAD/CAMメーカーとしての役割を果たす。

 
初春を迎えるにあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

2011年3月11日に未曾有の被害をもたらした東日本大震災より約1年と10ヶ月が経過し、被災され現在も大変なご苦労されている皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、復興にご尽力されている皆様には安全に留意され、被災地の一刻も早い復興を祈念しております。

さて、世界では欧州の金融不安、中国経済の成長率鈍化、さらには不安定な円相場と、経済の先行きは不透明さを増しており、弊社が身を置く金型関連業界においても、依然として厳しい状況が続いています。 一方で、このような時代を乗り越え、更に成長していくために、企業の海外進出は一段と加速しております。

このような環境下において、新規顧客への販売が全体の15%を超えるなど、弊社の売上構成にも変化がみられました。 顧客の製造プロセスに合致した最適なシステムの構築や国内外での一貫したサポートを求め、それが可能な国内唯一のメーカーとして、弊社を選定頂くに至っていると自負しております。

弊社は、「自社開発ソフト」だからこそ対応出来る「全体最適」のご要望にカスタマイズ提案し、また海外進出する日系企業様に対しては、国内はもとより、中国・台湾、アセアンの海外拠点より、地域密着型のきめ細かなサポートをご提供することで、市場が求めるニーズに応えて参りました。 一方、海外ローカル市場においては、台湾・中国、インドネシア、フィリピンのソリッドワークス・リセラーとパートナー契約を締結し、各国の文化に順じた商品とサービスを供給する環境を整えております。

グラフィックプロダクツ社(GP社)とコンピュータエンジニアリング社(CE社)は経営統合を経て、2010年1月1日に合併し、ちょうど3年となります。 GP社もCE社も日本の金型業界で切磋琢磨を繰り返し、C&Gシステムズとして今日に至るまで、約30年に亘り市場の高度な課題に向き合い成長して参りました。 弊社の主力製品である「CAM-TOOL」と「EXCESS」を中心に、設計から製造、2次元から3次元、3軸から5軸をトータルでカバーし、また、合併後初となるCAD/CAM新製品「CGシリーズ」も2011年にリリースしました。 今日の厳しい経済環境の中、お陰様で、合併後3年間の業績は対前年を上回る水準で推移しております。

弊社には、他のCAD/CAMメーカーでは決して追いつくことのできない経験と実績があります。 今後も、日本の高度な技術と技能を駆使した金型モノづくりを支え、「金型」にこだわり続けることで、純国産CAD/CAMメーカーとしての役割を果たして参ります。 世界に拡がる金型市場で、名実ともに業界ナンバーワンと言われるソリューションメーカーを目指すべく、より一層の努力をしていく所存であります。 引き続き倍旧のご厚情を賜りたく、衷心よりお願い申し上げます。

2013年1月1日
株式会社C&Gシステムズ
代表取締役社長

塩田聖一

 



Page Top
お気軽にお問い合わせください。

当社は、お客様の個人情報の保護および適正な取り扱いを大切に考えております。

 

ご質問・ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらまで。 個人情報保護方針はこちらをご覧ください。