インドネシア金型工業会主催 5軸加工の加工技術セミナー(2011年10月27日)を開催
CGSアセアンテクニカルセンターでは2011年10月27日、インドネシア金型工業会主催で5軸加工機による高精度、高効率加工技術を主なコンセプトに「5軸加工の加工技術セミナー」と題したセミナーを開催いたしました。

本セミナーは工作機械メーカーである森精機社およびDMG社とのコラボレーション企画であり、また現地商社のNusantara Secom InfoTech (NSI)社にもご協力をいただきました。

 

 

当日の来場者は100名以上となり、インドネシアの方々だけでなく日本人その他さまざまな国の方が来場され、アセアン地域でモノづくりが活発になっていることを伺わせました。

展示スペースでは銅電極、自動車のインシュレータ(遮音材)、ヘッドランプ他、CAM-TOOLの加工サンプルおよび加工事例を展示しました。


プレゼンテーションは日本語とインドネシア語に対応したスライドを用いて進められました。5 軸加工機で加工したバイクのランプ形状等具体的な事例を用い、5軸加工の優位性をアピールしました。

アンケート結果によれば、インドネシアではモノづくりが急成長している一方で、金型設計段階のトラブルや金型のトラブル、人的ミス等、金型製造過程におけるトラブルが大きな課題と考えられているようです。当社では今後もこのような地域特有の課題に対応したCAD/CAM技術やサポート、金型設計・製造の最新情報を引き続き提供してまいりたいと考えております。


 

 

Page Top
お気軽にお問い合わせください。

当社は、お客様の個人情報の保護および適正な取り扱いを大切に考えております。

 

ご質問・ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらまで。 個人情報保護方針はこちらをご覧ください。