CE社・GP社が「モノづくりフェア2008」に共同出展 (2008年10月23日―25日)
2008年10月23日(木)から25日(土)の3日間、「モノづくり」技術の共有化や活性化、また異業種・異分野の融合や試みを踏まえ、さらなる発展を産業界に創出すべく、「モノづくりフェア2008」が福岡マリンメッセで開催され、CE社とGP社が共同出展いたしました。ブースでは、両社の主力製品を展示し、期間中、多くのお客様にご来場いただきました。誠にありがとうございました。
モノづくりフェア2008

 

 

CE社は2次元・3次元融合型CAD/CAMシステムである「EXCESS-HYBRID」、
ソリッドモデルタイプの3次元CAD/CAMシステム「NeoSolid」、金型工程管理システム「AIQ」を展示。
GP社は、3次元CAD/CAMシステム「tools V3」、同時5軸加工対応CAMシステム「tools MX」、
部品加工向けCAMシステム「tools PARTS」 をそれぞれご紹介いたしました。 実機でのデモのほか、
GP社では実際の切削加工サンプルを通じてその加工精度を高さを来場の皆様にご覧いただきました。
会期中の来場者は15,000名を超え、大変にぎやかな展示会となりました。

モノづくりフェア2008
モノづくりフェア2008
モノづくりフェア2008
モノづくりフェア2008

 

今回はαHDグループとして初めてのCE社・GP社共同出展となりました。
今後も引き続きこのような協力体制をさらに強化し、モノづくりを支援する技術を提供してまいります。

 

Page Top
お気軽にお問い合わせください。

当社は、お客様の個人情報の保護および適正な取り扱いを大切に考えております。

 

ご質問・ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらまで。 個人情報保護方針はこちらをご覧ください。