CE社が第19回設計・製造ソリューション展に出展 (2008年6月25日―27日)

2008年6月25日(水)から27日(金)の3日間、日本最大の製造業向けITソリューションの専門展である「第19回 設計・製造ソリューション展」が東京ビッグサイトで開催され、CE社が出展いたしました。期間中、約1,000人のお客様にご来場いただきました。ありがとうございました。 

ブースでは、業界環境の変化に適応すべく成長し続ける日本のモノづくりに貢献する、CAD/CAMおよび生産管理ソリューションをご紹介し、ステージデモのほか、各展示コーナーで詳細なご説明、ご提案いたしました。

梅雨空の中、展示会全体の来場者は3日間で88,000人にも上り、先進技術に対する来場者の関心の高さが伺えました。

DMS2008

 

 

ステージでは、デモを日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語で行い、製造業を取り巻く環境やそれに対するCE社のサポート体制、CE社ソリューションを駆使した金型設計・製造サイクルのインテリジェント化プランの例をご紹介。インテリジェンス工場のモデルとして株式会社KTS様にご協力いただき、再現VTRをご覧いただきました。また各パッケージ製品の今後の開発予定も、合わせてご紹介いたしました。

 

ブース内の個別コーナーでは、「Excess-Hyblid」「NeoSolid」「AIQ」といったパッケージ製品のほか、
特別展示として画像計測ソリューション(多目的寸法測定器)を展示。
また関連会社のGP社も、toolsシリーズのカスタマイズソフトである機上計測ソフトを展示いたしました。
ブース奥には商談コーナーを設け、製品に関するご質問、ご希望をじっくりと伺いました。

DMS2008
DMS2008
DMS2008
DMS2008

 

CE社は2008年10月に開催の「第11回 関西 設計・製造ソリューション展」にも出展予定です。
どうぞ足をお運びください。

 

Page Top
お気軽にお問い合わせください。

当社は、お客様の個人情報の保護および適正な取り扱いを大切に考えております。

 

ご質問・ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらまで。 個人情報保護方針はこちらをご覧ください。