Base  ビューワ機能

EXCESS-HYBRIDⅡの基盤モジュールです。3Dモデル、2D図面を取り込み、簡易寸法/注記の作成から、厚み分析や抜き勾配確認などの情報確認が可能です。

ハイブリッド表示ビュー

3Dモデルを図面中に表示し2D設計を行う事や、過去の2D図面に3Dモデルを挿入する事で、視認性の高いハイブリッド図面を作成する事が可能です。もちろん設計図面を元にモデリングした結果を同一ドキュメント上で表示可能です。

データインポート

DXF/DWG/2D-IGESの2Dデータだけでなく、Parasolid、3D-IGES、STEP、STL、SOLIDWORKS、CAM-TOOLの3Dデータを読み込む事ができます。豊富な変換パラメータが変換後の作業工数を軽減します。さらにオプションでCATIA-V5データに対応します。

簡易寸法/簡易注記

寸法ダイアログボックス内で公差や矢印表示方法などを指定しながら、効率的に寸法を記入することができます。長さや半径/直径、角度等の簡易寸法が作成出来ます。注記は一般注記と引出注記が作成可能です。

Draw  基本作図機能

基本的な2D作図機能の他、3Dモデルの図面化、断面図作成が可能です。図面の一括変換、一括出図などの豊富な出力機能も搭載。

穴機能

加工属性を持った丸穴/異形穴が配置でき、穴情報はマスタとして登録可能です。 また、穴径や深さ情報から干渉状態を確認する事や、穴図形情報は穴リストとして図面に配置、CSV出力に対応します。

3Dモデルの図面化 / 断面図

読み込んだ3Dモデル(ソリッドまたは、サーフェス)を正面図・平面図・アイソメ図などの2D図形に変換します。さらに、断面位置をもとに断面図を作成、図面ビューへ配置することが可能です。

スマート修正

指示した図形、寸法、注記の種類によって自動的に修正可能な内容が変化し、それぞれの修正を行う事ができます。コマンドを選ぶ手間を軽減し、図形や寸法などの編集作業を強力にサポートします。

自動寸法

選択した図形に対し、寸法を自動作成します。寸法タイプの切り替えや形状に応じた作成有無が設定可能です。作成した寸法はグループ化されるので、まとめての配置位置変更や削除が可能です。

穴断面

穴機能で作成した情報を元に穴断面を作成することが可能です。穴径や深さを変更した場合、対応する穴断面が即時に更新されます。標準部品の規格変更やプレート厚を変更した際も更新され穴断面形状の修正作業を大幅に軽減できます。

一括変換/一括出図

一括変換では、多数の図面ファイルを一括でDXFなどの中間フォーマットに変換します。変換する図面ファイルは、ファイル単位やフォルダ単位で指定することができます。一括出図では印刷プレビューで確認しプリンタ・プロッタへの出力が可能です。

COMPONENTS

システム構成

システム拡張が容易なモジュール構成

詳細はこちら 

INTERFACE

インターフェース

思考を中断させない直感的な操作

詳細はこちら 

FUNCTIONS

機能詳細

他の追随を許さない豊富な機能

VIDEO

オペレーション動画

ハイブリッド設計をビデオで見る

詳細はこちら 

SERVICE

サービス

実績と経験による充実した導入サポート

詳細はこちら 

User Case

導入事例

お客様の声・改善事例を紹介

オンラインによる製品に関するお問合せ・資料のご請求はこちらのフォームをご利用下さい。