ホーム > 企業情報 >沿革

沿革

株式会社C&Gシステムズは、共に30年以上の歴史を持つコンピュータエンジニアリング社およびグラフィックプロダクツ社を吸収合併してできた企業です。

背景

 コンピュータエンジニアリング社およびグラフィックプロダクツ社は2007年7月、デザイン・試作・金型設計・金型製造といったモノづくりの各工程からの要望に対して、CAD/CAMシステムの側からワンストップ・ソリューションを提供していくことを目的として経営統合し、純粋持ち株会社としてアルファホールディングス株式会社を設立いたしました。しかしその後、当社グループは世界同時不況など厳しい外部環境に晒されることとなり、このような状況下、よりスピーディに戦略を展開し、実行していくためには、コンピュータエンジニアリング社およびグラフィックプロダクツ社が合併し、製品開発シナジーを生み出すことによりモノづくり分野に対してさらなる付加価値を提供していくことこそ、 企業価値の増大、長期的発展につながると判断いたしました。

 当社は2010年1月1日に両社をアルファホールディングス株式会社へ吸収合併し、新商号を「株式会社C&Gシステムズ」として、事業会社へ移行いたしました。

 
2007年2月 コンピュータエンジニアリング社とグラフィックプロダクツ社の株式移転方式による経営統合を発表
2007年3月 両社の株主総会において、経営統合について承認
2007年7月 両社を連結子会社とする純粋持株会社「アルファホールディングス株式会社」設立、ジャスダック証券取引所に上場
2009年9月 アルファホールディングス株式会社による両社の吸収合併を発表
2010年1月 両社をアルファホールディングス株式会社へ吸収合併、新商号を「株式会社C&Gシステムズ」として事業会社へ移行
2011年4月 当社の強みである金型設計CAD機能の開発技術と高精度CAMの開発技術を融合し、合併後初となる金型用3次元CAD/CAM新製品「CGシリーズ」を開発し、販売を開始
2014年2月 「CG PressDesign for SOLIDWORKS」が米DSソリッドワークスから「Gold Product」認定を受ける
2014年12月 「CG CAM-TOOL for SOLIDWORKS」が米DSソリッドワークスから「Gold Product」認定を受ける
2015年6月

「CG MoldDesign for SOLIDWORKS」が米DSソリッドワークスから「Gold Product」認定を受け、これによりCGシリーズにラインナップする全てのモジュールが「GoldProduct」として認定を受ける

2016年12月 金型用2次元・3次元融合型CAD/CAMシステム「EXCESS-HYBRID」を刷新し「EXCESS-HYBRID Ⅱ」としてリリース
   


コンピュータエンジニアリング社の沿革はこちらから >>

グラフィックプロダクツ社の沿革はこちらから >>

 



Page Top
世界を築く、創造のソリューション。

私たちC&Gシステムズは、高度化・多様化する金型製作の現場において、お客様一社々々のニーズや課題を発見し、的確かつ柔軟なソリューション提案によって、皆様のご期待にお応えします。

 

当社は、国内最大の金型ソリューションメーカーとして、金型モノづくり全体の最適化ソリューションをグローバルに展開し、お客様に更なるご満足をいただけるリーディング企業へと進化を遂げてまいります。