ホーム > 企業情報 > 沿革 > コンピュータエンジニアリング社

History

コンピュータエンジニアリング社

 

1978年11月 株式会社西部周防として設立・・・「北九州にユニークなメーカーを作りたい」との現会長山口修司の考えに基づき、広く製造業の支援ができるソフトウェアの開発を目的として、大手製造業を対象にCADシステムの受託開発事業を展開。後、CADとCAMの融合化に可能性とオリジナル性を見出し、金型製造業に的を絞り込みCAD/CAMの受託開発・販売活動を開始
1982年9月 大型汎用CADシステムに対抗し、大手順送プレス金型製造業向けにハーフパッケージソフトの2次元CAD/CAMシステム「ACE I(エースワン)」の開発を行い、販売を開始
1983年4月 社名をコンピュータエンジニアリング株式会社と変更
1983年10月 順送金型専用CADと並行して、モールド金型にも適応出来るミニコンタイプの金型汎用CADシステム「PCAD(ピーキャド)」の開発を行い、販売を開始
1984年5月 関東地区での拡販を目的とし、東京支店を開設
1984年9月 複合プレス金型CAD/CAMシステム開発
1985年5月 海外(韓国)へ輸出開始
1985年12月 関西地区での拡販を目的とし、大阪支店を開設
1985年12月 本社機能強化を目的とし、新本社ビルを完成
1986年12月 金型製造業を対象に全天候型(プレス・モールド等)パッケージソフトの2次元CAD/CAM一体型システム「EXCESSシリーズ」開発し、販売を開始
1987年8月 中部地区での拡販を目的とし、名古屋支店を開設
1988年5月 複数端末によるLAN接合を可能にしたネットワーク型の新モデル「EXCESS-UX(unix)シリーズ」の開発、販売を開始
1990年3月 北九州市優良企業表彰受賞
1991年9月 韓国金型市場への展開を目的に、韓国グローバル社と合弁会社(Global Computer Engineering Co.,Ltd.)を設立
1992年1月 台湾に台北事務所を開設。
1992年4月 会長 山口修司に、第19回経営者賞授与(九州・山口地域経済貢献者顕彰財団) 
1994年10月 EWS(エンジニアリング・ワークステーション)に搭載した「EXCESS-WSシリーズ」の開発を行い、販売を開始
1995年9月 3次元CAD/CAMシステムの開発スピードと実現性の精度向上を目的に、金型3次元CAMメーカーである「タム株式会社」を吸収
1996年4月 金型向け3次元CAMシステム「NeoMeister(ネオマイスター)」の開発を行い、販売を開始
1997年7月 3次元ソリッドモデルによる金型製造業向け-All・In・Oneモデル-「NeoSolid(ネオソリッド)」を業界で先駆けて開発
1997年10月 3次元自動プログラミングシステムTAMBOY/NTの販売を開始
1999年1月 Windowsに対応した金型用2次元CAD/CAMシステム「EXCESS-PLUS(プラス)」の開発を行い、販売を開始
1999年1月 NeoSolidのオプションモジュールとしてNeoSolid.Mold (モールド金型3次元設計支援モジュール)の開発を行い、販売を開始。
2000年6月 テクニカルコールセンター開設。
2001年7月 NeoSolidのオプションモジュールとしてNeoSolid.Press(順送プレス金型3次元設計支援モジュール)の開発を行い、販売を開始。
2002年5月 3次元CAM分野強化のため、株式会社グラフィックプロダクツと業務提携。
2003年12月 NeoSolid金型立体設計モジュールとのシームレスな連携を目的としたNeoSolid.CAM-EXを開発し、販売を開始。
2004年12月 金型2次元設計をベースに、3次元操作とデータベースを同期させることを目的としたEXCESS-Evolutionを開発し、販売を開始。
2004年12月 CAD/CAMシステム連動型の金型生産管理システム「AIQ(アイク)」を開発し、販売を開始。
2006年5月 経済産業省中小企業庁から「元気なモノ作り中小企業300社」に選定される。
2006年7月 日本貿易振興機構(ジェトロ)に表彰される。
2007年7月 グラフィックプロダクツ社と共同持株会社「アルファホールディングス株式会社」を設立
2007年12月 工程管理をシンプルにをテーマに、金型用簡易スケジューラ「AIQ-express(アイクエクスプレス)」を開発し、販売を開始。
2007年12月 2次元、3次元のハイブリッド化による真の融合型CAD/CAMをテーマに、「EXCESS-HYBRID(エクセスハイブリッド)」を開発し、販売を開始。 
2009年1月 中国上海市に、上海代表処を開設。 
2010年1月 株式会社C&Gシステムズへ吸収合併
 

株式会社C&Gシステムズの沿革はこちらから >>

グラフィックプロダクツ社の沿革はこちらから >>

 



Page Top
世界を築く、創造のソリューション。

私たちC&Gシステムズは、高度化・多様化する金型製作の現場において、お客様一社々々のニーズや課題を発見し、的確かつ柔軟なソリューション提案によって、皆様のご期待にお応えします。

 

当社は、国内最大の金型ソリューションメーカーとして、金型モノづくり全体の最適化ソリューションをグローバルに展開し、お客様に更なるご満足をいただけるリーディング企業へと進化を遂げてまいります。