CraftMILL

 


完全自動型3D-CAMソフトウェア Craft MILL

Craft MILLの特徴

カタログスペックや機能比較表だけでは語れないコストパフォーマンスを持つCraft MILL。
導入してすぐに即戦力として利用できる、Craft MILLの基本的なその機能と能力の一部をご紹介します。
まずは、以下よりオートデモをご覧ください。



●ハイエンドなCAMに匹敵する「等高線加工」パス

高品質な等高線加工パスで、簡単で安全にしかもオペレータの技量を問わずに美しい仕上がりを実現できます。

 



●サーフェス(曲面)を直接利用したパス生成

Craft MILLの仕上がりの美しさは、等高線オフセット加工とこのサーフェスを直接利用したパス生成にあります。
ポリゴンメッシュしか扱えないCAMソフトの場合はそのメッシュの粗密に左右されてしまいますから、どうしても仕上がりに限界があります。IGESデータや各種3Dモデラーからのデータをダイレクトに利用する理由もこのためです。



●はじめての方でもすぐに使える簡単操作

CAMソフトを使ったことがない方...
加工についての知識があまりない方...
オンラインヘルプを見るのも面倒な方...
設定はできるだけ簡単に、しかもガイドイラスト入りでわかりやすくしました。ガイドに従って、ボタンを押したり、リストから選択するだけでOKです。
キーボードをほとんど使わずに設定できるプロッタドライバ感覚の操作性です。

 



●簡単設定を可能にした工具データベース

CAMの設定で一番厄介なのは、工具の回転数や送り速度。加工がはじめての方にとっては特に困ってしまう問題です。CraftMILLには目安となる設定値を自動入力してくれる「工具データベース」が標準搭載されています。
オペレータは使用する材料と工具をデータベースから選択するだけでOK。
目安値を参考にすればだれでも簡単に切削加工ができます。



●推奨モデラーと合わせれば圧倒的な効率アップに

それぞれの用途にあわせて推奨モデラーと組合わせてください。
CraftMILLとダイレクトリンクが可能な推奨モデラーならば、作業効率はぐんとアップします。(推奨モデラーは今後も増やしていく予定です)

Rhinoについてはソリッド・サーフェス・ポリゴンメッシュが混在しているファイル(〜.3dm)にも対応しておりますから、わずらわしい追加読み込みの作業が不要です。


SolidWorksとはAdd-onスタイルで連携が可能。SolidWokrsがインストールされているPCにCraft MILLを導入すれば、SolidWorksのメニューにCraft MILL起動メニューが追加されます。もちろん、データ連携はダイレクトです。




●IGESなどの中間ファイルフォーマットもサポート

多くのCADソフトデータを利用するにはIGESデータ入力機能は必須。もちろん、CraftMILLには標準装備しております。

変換時の問題にもすぐに対処。自社開発ならではのスピード対応が可能です。



さらに2GB以上のSTLやDXF形式ファイルもOK!

CGソフトやCADソフトから出力されるSTLファイルにも対応 ポリゴン数の少ない荒目のモデルでも、Craft MILLのスムージング機能で滑らかなカッターパスを生成します。 また、2GBの大容量STLデータを処理する事も可能です。
※ご利用のPCのスペックに依存します


各商品名は各社の商標または登録商標です


 

 
サイトマップ