リバースエンジニアリング




粘土や彫刻、実際の製品など、すでに形になっているものからデータを測定し、そこに加工が可能なCADデータを作成することを、リバース・エンジニアリングと呼びます。

まず手づくりで試作品を作り、それを元にして量産品や量産用の金型などを作るための手法です。

従来は非常に高価な投資が必要だったリバース・エンジニアリングも、最近では安価な製品を使い手軽に行えるようになって来ました。

ここでは、いくつかの事例を紹介いたします。

リバースエンジニアリング事例

 
サイトマップ