ユーザ事例



チューブのモックアップ

SolidWorksでデザインした”チューブ”をMDX-15で切削

※最も安価で手軽なデスクトップモデリングの一例をご紹介します。



SolidWorksでデザインしたチューブのモデル

SolidWorksでデザインしたチューブのモデル




完成したチューブのモックアック

完成したチューブのモックアック



SolidWorksでデザインしたチューブのモデル

両面切削加工は反転する必要があるので少し手間がかります。
そこで、今回は2つに割ったモデルを貼り合せて完成させます。
今回のチューブのモデルのように上下(左右)対象のものならば、
分割加工して貼り合せるという方法が手軽でしょう。


完成予想モデル

Rhino+Flamingoでレンダリングした完成予想モデル  
こんな感じで切削加工が完了するはずです。
材料はABS材で、捨て板(土台)はケミウッドをを使います。





製作過程は以下の通り


SolidWorksのメニューから「CraftMILL」を起動します。

CraftMILLに読み込んだところ

CraftMILLに読み込んだところ


もう一回読み込んで、チューブを2つならべます。

もう一回読み込んで、チューブを2つならべます。

CraftMILLでカッターパスを生成

CraftMILLでカッターパスを生成

MDX-15

MDX-15

今回は安価で手軽に使えるMDX-15を使います。


表面の荒取り加工開始 表面の荒取り完了

表面の荒取り加工開始(下の板は捨て板)

 

表面の荒取り完了(捨て板まで削り込む)


仕上げ加工中の写真

仕上げ加工中の写真

仕上げ加工完了直後の写真

仕上げ加工完了直後の写真

捨て板から剥がしたところ

捨て板から剥がしたところ

捨て板から剥がしたところ(両面テープで固定してました)


完成品

上下貼り合せれば完成です。

簡単なものならこんな感じで、誰でも手軽にデスクトップモデリングすることができます。
気軽に安価にしかも自分で造形する楽しさを味わってもらえばと思います。




詳細


 

サイトマップ