• インターフェース
  • システム構成
  • 機能詳細
  • 部品加工向け
  • バージョンアップ
  • システム要件
  • 加工サンプル
    導入事例
    導入先リンク
    定期講習会
    デモ・資料請求
    認定試験
    お問い合わせ
    GP-LETTER 2003年9月号 No.61から抜粋
    携帯電話キャビティの加工概要


    今月号では、高速加工機による直彫り加工概要をご紹介します。
    切削サンプル「携帯電話」加工概要
    ≪携帯電話加工概要≫
    ワーク寸法 120×80×30 (mm)
    材 質 CENA1(HRC40相当)
    データ作成 TOOLS Version 2.2
    演算時間   13分45秒(CPU Xeon 3.0GHz)
    工作機械 主軸回転数 20,000r.p.m
        最大切削送り速度 20,000mm/min
    加工時間 38分
    加工 セミナー「製品データ(IGES)からの高速3次元加工」(2003年6月・高度ポリテクセンター)にて加工 
    携帯電話 主な加工工程の切削条件
    ■大荒取り/3R BALL

    加工モード 等高線荒取り
    ピッチ XY=1.5mm / Z=0.6mm
    仕上げ代 0.1mm
    回転数 18,000r.p.m
    送り 3,600mm/min
    加工時間 5分 55秒



    ■中荒取り/2R BALL


    加工モード 等高線仕上げ
    Z切削ピッチ カスプハイト 0.02mm (ピッチ換算 0.56mm)
    仕上げ代 0.05mm
    回転数 18,000r.p.m
    送り 1,800mm/min
    加工時間 3分 21秒



    ■側面仕上げ/2R BALL

    加工モード 等高線仕上げ
    Z切削ピッチ カスプハイト 0.001mm (ピッチ換算 0.12mm)
    仕上げ代 0
    回転数 18,000r.p.m
    送り 1,800mm/min
    加工時間 6分 27秒



    ■底面仕上げ/2R BALL

    加工モード 平坦部周回
    切削ピッチ 0.12 (カスプハイト換算0.0009mm)
    仕上げ代 0
    回転数 18,000r.p.m
    送り 1,800mm/min
    加工時間 6分 04秒



    ■ボタン部仕上げ/1.5R BALL

    加工モード 取り残し加工
    切削ピッチ 0.1(稜線方向)
    仕上げ代 0
    切り込み量 0
    回転数 18,000r.p.m
    送り 1,600mm/min
    加工時間 5分 28秒
    加工範囲調整機能
    指定した計算範囲面に対し、工具半径分加工範囲を調整できます。

    この機能を利用することで、工具径を変更した場合でも加工範囲を維持できるため、計算範囲面を工具径に合わせて作成し直す必要がなくなります。

    今回、荒取り加工では計算範囲面をワークの大きさと同一の寸法で作成し、工具径の半分外側指定することでワーク全体を加工しています。

      加工範囲調整なし 加工範囲
    加工条件を記載している加工概要をご用意しています。
    ご希望の方は、会社名、氏名、電話番号をご記入の上、加工概要希望と明記し、
    letter@graphicproducts.co.jp
    までお申し込み下さい。

    FAX紙面
    (PDFファイル 24KB)
    サイトマップ