• インターフェース
  • システム構成
  • 機能詳細
  • 部品加工向け
  • バージョンアップ
  • システム要件
  • 加工サンプル
    導入事例
    導入先リンク
    定期講習会
    認定試験

    CAM-TOOL バージョン 8.1 機能紹介
    バージョン8.1では、 突き出し領域分割機能、基準面オフセット加工、等高複刃荒取り加工(前工程ストック指定)により効率的な加工を実現した他、 切削シミュレーション機能を強化し、より安全性を追求しました。

      【 主な特徴 】
    • 突き出し領域分割
    • 等高複刃荒取り加工 / 前工程のストック指定
    • 等高走査線荒取り リニューアル
    • CAM一括変更
    • 切削シミュレーション/アニメーション表示
    • 基準面オフセット加工-5X
     CAM 関連
    ■ 突き出し領域分割
    予め設定した工具(突き出し量)ホルダで加工可能な領域を生成する機能です。生成された領域をプロファイル登録する事で、シャンク・ホルダが干渉しないパス作成を支援します。 荒取り加工においては、逃げ面(干渉してしまう領域を塞ぐ形状)を作成、仕上げ加工では、干渉しない領域面(計算範囲面)を作成します。


    (荒取り) 逃げ面を生成
    (仕上げ) 領域面を生成
    ■ 等高複刃荒取り加工 / 前工程のストック指定
    等高複刃加工(荒取り)において演算工程表の前の工程で出力されたソリッドファイル(.gso)を、現工程でのワーク形状として指定し、 残り領域を正確に認識することで、効率の良いパス生成が可能となります。また、突き出し分割領域機能との組み合わせも効果的です。


    前工程における最適化後のソリッドモデル




    前工程をワークに指定したパス出力
    ■ 等高走査線荒取り リニューアル
    効率的なポリゴン系エンジンの荒取りの加工モードとして、大幅な改造を行いました。
    ■ CAM一括設定
    演算工程表で対象の工程を複数選択して、パラメータの一括変更が可能となります。
    対象パラメータ: チェック面 / 計算範囲面 / 切削Z範囲 / 工具初期位置 / クリアランスZ値
    ■ 切削シミュレーション/アニメーション表示
    最適化処理中の表示を、メッシュからシェーディング対応することで、処理状況および工具干渉の確認が格段に向上します。 処理後も切削アニメーションとして確認できます。 ※同時5軸環境:「マシンシミュレーション機能」必須
    ■ 工具DB 穴工具対応
    ドリル、センタドリル、スターティングドリル、面取り、リーマ、タップ、ヘリカルタップ、ボーリング加工用の穴工具をツーリングDBで定義可能となります。
     同時5軸CAM関連

    ■ 基準面オフセット加工ー5X
    「基準面オフセット加工」は、リトラクトが発生する等高線加工とは異なり、任意の曲面(基準面)に沿う 周回のカッターパスを作成できる為、アプローチ痕の発生を抑制することにより加工面品質を向上させます。 リトラクトそのものが減る為、加工時間を大幅に短縮できます。また、CAM-TOOLの特長である高精度サーフェイス演算により高品質な仕上がり面を実現します。
     その他 バージョンアップ項目
    《 全般 》
  • レスポンス改善
  • CL編集64bit対応
  • 簡易寸法線表示の改善
  • 印刷オプションの新設
  • STEPインポート-レイヤ分け
  • 《 モデラ 》
  • 同一径の円を一括セレクト
  • 《 電極オプション 》
  • 電極ログ作成コマンド
  • 《 CAM全般 》
  • 同一演算工程内での工程コピー
  • 演算条件シートからDB読み込み
  • 最適化条件シートのDB読み込み時に内径絞込み
  • 演算開始までのステータス表示
  • ツーリングDB - 数値ソート
  • 《 3DCAM 》
  • 円弧アプローチ逃げ量改善
  • 等高線全体仕上げ -水平部削り残し処理
  • 等高複刃加工 -トロコイドF値指定
  • 等高複刃加工 -傾斜面Zピッチ挿入
  • ポリゴン系エンジン全般 -スケール演算
  • 等高仕上げ加工 -平坦部パス・平坦部判別角度
  • 等高複刃荒取り加工−前工具のストック指定
  • 《 2.5DCAM 》
  • コア形状一括作成
  • 2.5S荒加工 -コア荒取り
  • 2.5S平面加工 -開放部往復対応
  • 《 HOLE 》
  • メイン・サブ対応
  • 固定サイクル-工具径と穴径でエラーチェック
  • 面取り加工-異なる穴径への対応
  • 穴座標のみのNC出力
  • 《 同時5軸 》
  • スワーフ加工-演算方式改善
  • Z軸移動(G00)における干渉回避
  • 5軸変換-情報保存と再実行
  • 接続移動付け替え
  • 刃先の干渉チェック
  • 5軸変換(マニュアル)- 相対値指定/可変角度指定
  • 5軸変換(サーフェース)
  • 同時5軸編集-64bit対応
  • 《 HOLE 》
  • 穴図形テンプレート対応表(XML) 編集コマンド新設
  • 穴図形一括作成の機能拡張
  • サイトマップ