• インターフェース
  • システム構成
  • 機能詳細
  • 部品加工向け
  • バージョンアップ
  • システム要件
  • 加工サンプル
    導入事例
    導入先リンク
    定期講習会
    認定試験

    CAM-TOOL バージョン 6.1 / 6.2 機能紹介
    Ver6.1(4月リリース)では、工具メーカが提供する参考切削条件に対応した新工具データベース「ツーリングDB」を搭載。 また、既存の加工モードを機能拡張や最適化演算の高速化を図りデータ作成時間の短縮を実現しました。さらに、同時5軸加工においては専用加工モード「複合面沿いオフセットー5X」を新設しました。 また、Ver6.2 (11月リリース)においては、マシンシミュレーション機能をオプション搭載した他、CGS製品間でシームレスなデータ互換を実現しました。

      【 主な特徴 】
       
    • 「ツーリングDB」新設  
    • 同時5軸専用加工モードに「複合面沿い加工-5X」を新設   
    • 「等高線全体仕上げ」機能強化
    • 最適化 形状比較・演算短縮  
    • マシンシミュレーション機能(オプション)※Version6.2
     3DCAM 関連
    ■ ツーリングDB (新工具データベース)

    工具とホルダ、および切削条件を管理するツーリングデータベースを搭載。工具のシャンク形状は多段テーパやR形状の定義が可能で、より正確な干渉チェックが行えます。また、工具やホルダの定義は主要な工具・ホルダメーカーのカタログデータをWEBサイトよりダウンロードすることで簡単に行えます。 有効長や被削材などによる絞込み機能により目的の工具が容易に検索できる他、工具とホルダの組み合わせを保存したツールセットでの読み込みにより加工工程の設定作業をサポートします。
      主な機能   
    • 工具のシャンク定義拡張
    • 工具・ホルダカタログ・参考切削条件も搭載
    • ユーザがディレクトリ分け可能なマイツール管理
    • ツールセット登録が可能
    • 被削材による絞り込み
    ツーリングDB
    《ツーリングDB》
    工具カタログメーカ
    《主要7社のカタログも搭載》
    ■ 等高線全体仕上げ 機能拡張

    等高線全体仕上げモードにおける平坦部に対する切削パスを、これまでの走査線パス(走査線領域モード)に加え、周回パス(平坦部周回モード)での出力を可能としました。
      《 その他拡張機能 》

    • 個別F値設定(平坦部)
      「平坦部送り速度」パラメータを新設。等高線パスと平坦部(走査線/周回)パスに対する送り速度(F値)の個別指定が可能です。

    • 水平領域除外
      「水平領域除外」パラメータを新設。平坦部(走査線/周回)パス中の水平領域部(0度平面)に対する切削パスの出力制限が可能です。

    • 複数領域対応
      「領域制御」機能を追加。複数の領域指定面設定による複数領域加工に対応しました。これにより単一プロファイル内で複数個所の部分加工の一括設定が可能です。

    《部分周回》
    《部分周回》
    《全周回》
    《全周回》
    ■ 最適化 形状比較/演算時間短縮

    最適化で設定した形状ソリッドに対し工程毎に削り込みチェックが可能です。形状設定漏れなどによる削り込みや工程組みの間違いが容易に確認できます。最終工程においては、工程漏れを確認する、削り残しチェック機能も搭載しました。 また、最適化の演算ロジック見直しにより50%以上の演算時間短縮を実現しています。

    ■ 複数工程条件一括設定

    複数の工程を選択して、最適化条件、管理項目をまとめて設定。共通の設定にすることが多いパラメータをまとめて設定できることで、オペレーションの簡略化、操作ミスの軽減が期待できます。

     同時5軸CAM関連

    ■ 複合面沿い加工-5X (新加工モード)  同時5軸専用加工モードに、アンダー部の面沿い加工を実現する、「複合面沿い加工-5X」を搭載しました。同時5軸加工の適用範囲をさらに広がります。

  • 走行タイプは、片道・往復・ループ・スパイラルを用意。
  • チェック面に接触するパスは削除する機能を搭載。
  • ■ マシンシミュレーション機能(Ver6.2 オプション)

    CLベースによる工作機械の構造物の干渉チェック及び各軸のストロークチェックが行えます。また、同時5軸編集のGUIを用いることで、最小限のオペレーション環境を実現しました。
      主な機能   
    • 製品形状・治具・ツーリング・機械構造物の
      干渉チェック
    • 各軸(X,Y,Z,A,B,C)のストロークチェック
    • 加工パスのアニメーション表示
    • エラー点表示
    ※切削シミュレーション機能は搭載しておりません
    ※シミュレーションに引き継がれるデータ
      CLデータ、工具、チャック、ホルダ、製品形状及び治具
    マシンシミュレーション 同時5軸編集モード /マシンシミュレーションモード
     ベースモジュール関連

    ■ EXCESS-HYBRID/NeoSolid データ互換

    「EXCESS-HYBRID」、「NeoSolid」とのデータ互換を実現することで、CGSプロダクツ間でシームレスな環境を提供します。EXCESS-HYBRID / NeoSolid システムに、gmdファイルの読み込み、保存機能を標準搭載。一般図形以外に、穴属性の図形を、CAM-TOOLの穴図形、2軸図形として保存できます。
    (EXCESS-HYBRID搭載予定10月 / NeoSolid搭載予定11月)
    マシンシミュレーション
    ■ その他
    《 CAD関連 》
  • モデルファイルのグラデーション化
  • ワーク平面コマンドの機能拡張
  • 文字図形作成コマンドの新設
  • 曲面伸縮コマンドの機能拡張
  • フィレット曲面コマンドの機能拡張
  • 《 CAM全般 》
  • プロファイル/複数ページ一括削除
  • 複数工程条件の一括設定
  • 最適化/演算時間短縮
  • 最適化/形状比較
  • 最適化/干渉エラー表示の工具中心対応
  • ソリッド表示の機能改善
  • 加工工程/加工予測時間(オプション)
  • ツーリングDB
    ネットワーク共有/複数選択/DB読み込み再演算回避 (Ver6.2)
  • 《 CAM関連 》
  • ガイドカーブ作成コマンドの機能拡張
  • 3Dコンプカーブ編集コマンドの新設
  • ペンシルカーブ作成コマンドの新設
  • 《 切削モード 》
  • 等高線仕上げモードの機能改善
  • 走査線領域モードの機能改善
  • 水平領域加工モードの機能改善
  • ペンシル加工モードの機能改善
  • 取り残し加工モードの機能改善
  • 等高線全体仕上げモードの機能改善
  • カーブ切削モードの機能改善
  • ポリゴン共通の機能改善
  • 複刃加工モードの機能改善
  • 等高取り残しモードの機能改善
  • 面沿い取り残しモードの機能改善
  • 面沿いオフセット加工モードの機能改善
  • 《 2軸系 》
  • 2軸図形編集の機能拡張
  • 2.5荒加工モードの機能改善
  • 2.5側面加工モードの機能改善
  • 2.5平面加工モードの機能改善
  • 2.5荒加工-結合処理の強化 (Ver6.2)
  • 《 CL編集 》
  • CL編集/座標値情報の小数点行数設定
  • 《 位置決め5軸/同時5軸 》
  • 位置決め5軸加工モードの機能改善
  • 同時5軸「複合面沿い加工-5X」の新設
  • 《 HOLE 》
  • 機能拡張
  • 《 電極 》
  • 放電基準位置編集
  • 牧野フライス社製「ED-cam」対応EPX出力(Ver6.2)
  • サイトマップ