• インターフェース
  • システム構成
  • 機能詳細
  • 部品加工向け
  • バージョンアップ
  • システム要件
  • 加工サンプル
    導入事例
    導入先リンク
    定期講習会
    認定試験
     
    バージョン 4.0 機能紹介
    バージョン4.0 では 演算(パス計算時間)の高速化を図り、データ作成時間の短縮を実現しました。また加工効率向上を目指して面沿い取り残し加工を新たに開発したほか、既存の加工モードを機能拡張し切削バリエーションがさらに広がりました。新CLエディタは編集機能を完全対応し大物向けの機能を充実させました。V4.0よりVistaへも対応しております。 また、位置決め5軸CAMにおいては、段取り換え機能を拡充させるなど操作性の向上を実現させました。また工作機械の適用範囲を拡大し実用性を向上させました。
     
    Modeler 関連
    ■穴埋め面作成
    補助面作成としての穴埋め作業の工数を大幅に削減します。

    穴埋めコマンド

    3DCAM 関連

    ■CAM演算高速化
    CAM演算(パス計算時間)の大幅な高速化を実現いたしました。
    **** 対象加工モード ****
    等高線仕上げ
    等高線荒取り
    等高線高効率荒取り
    等高線全体仕上げ
    走査線領域
    平坦部周回
    水平領域加工
    取り残し加工
    ペンシル加工
    面切削仕上げ
    エイミングチェック
    CL+チェック


    ■新CLエディタ
    快適なレスポンスと操作性を実現。加工工程からも起動が可能になりました。旧CLエディタ機能を完全に網羅し、CAMオペレータのノウハウをカッターパスに反映させる新機能(F値変更)などを搭載しました。


    ■面沿い取り残し加工(新加工モード)
    溝・穴・立ち壁など傾斜のきつい所は等高線パス、緩やかな斜面は面沿いパスで加工を行なうことができます。
    また等高線だけでなく、面沿い方向にも一定の切り込み量での追い込み加工ができます。

    ■等高取り残し加工
    前工程の設定による取り残りを考慮し、過剰な負荷がかからない更なる安全なパスの作成を実現しました。
    等高取り残し

    ■等高線仕上げ
    オフセット切削との併用機能を拡張しました。切削パスのバリエーションが広がります。
             平坦部加工:行なう
    平坦部加工:行なわない 平坦部判別角度:20゜
                 コーナーR処理無し
        コーナーR処理

    逃げ量の適用範囲を拡張しました。より安全に切削パスから切削パスへの移動が可能になりました。
     ・走行パターン/Z切削パターンの制限(※)を無くしました。
      ※「凹凸エリア固定」と「往復」の場合のみ  


     ・平面方向アプローチ/エスケープでも適用  
      「等高線全体仕上げ加工」も同様の対応になります。   
     
    ■最適化干渉エラー表示
    干渉種別毎に表示をし、コマンド実行中にCLの図形化が可能となり、干渉箇所の速やかな判断が可能となりました。
    また1万箇所以上の干渉エラーも表示されます。

    干渉エラーチェック
     
    2.5DCAM 関連


    ■2.5Sモード:加工開始位置任意指定
    オペレーターが自由に開始位置を設定することが可能となり、平面アプローチの形状干渉を事前に回避することができます。
     位置決め5軸CAM 関連
    段取り換え機能を拡充させるなど操作性の向上を実現させました。また工作機械の適用範囲を拡大し実用性を向上させました。

    ■ソリッド(gs5)平行移動(原点移動)

    取り付け面の加工、4軸工作機での90゜回転させた段取り変更など様々なシチュエーションで加工原点が変わることに対応しました。

    ソリッド平行移動



    ■マトリックス回転移動・コピー:回転軸方向指示

    工作機械の適用範囲を拡大!4軸工作機など、旋回軸C軸(Z軸)以外の形状で使用可能となりました。

    ワーク平面管理

     

     

     

    サイトマップ