• インターフェース
  • システム構成
  • 機能詳細
  • 部品加工向け
  • バージョンアップ
  • システム要件
  • 加工サンプル
    導入事例
    導入先リンク
    定期講習会
    認定試験
     
    バージョン 3.4 機能紹介
    バージョン3.4 では、ベースモジュールから、モデラー、S-CAMさらにオプションのHOLEや電極に至るまで機能強化と新規開発を行ったばかりでなく、大型金型向けに大容量のCLを扱うことのできる新しいCLエディタの開発と新2軸半加工機能をリリースするなど、幅広く機能開発を行いました。
    位置決め5軸CAMいおいては、ワーク平面の傾きを実際の5軸機械上での機械軸の回転角度として表示させたり、オイラー角と共に加工指示書への出力を可能にするなど安全な加工を実現するための情報出力や、同一CLにて他方向から加工を行う場合のデータ作成の簡略化を行うなど実用性を向上させております。
     
    Modeler 関連
    ■ 印刷
    ビュー枠なしでの印刷に対応しました。

    印刷
    「ビュー枠を出力する」OFF             「ビュー枠を出力する」ON

    ■ 簡易寸法線
    簡易寸法線の表示方法を拡張しました。

    簡易寸法(座標値)
    簡易寸法(半径)
    ・簡易寸法(座標値)
    軸名表示、改行表示、個別表示が 可能です。
    ・簡易寸法(半径)
    直径表示も可能です。



    ■ ワーク平面定義
    アクティブのワーク平面を、任意の軸で回転可能です。

    ワーク平面定義


    ■ 曲面分割
    分割時に「トリムする」機能を追加しました。

    曲面分割


    電極オプション

    ■ ワークZマージン
    ワークサイズに合わせて、無駄のない材料取りが可能です。


    ■ 抜き出し輪郭指示
    任意範囲での部分電極作成を可能としました。


    ■テンポラリ表示
    電極作成実行前にテンポラリ図形を表示可能です。

    テンポラリ図形

    3DCAM 関連

    ■ 加工領域(加工面指示)
    加工対象領域を、曲面を指定することで設定する機能です。(等高線荒取り、等高線仕上げ、走査線領域、
    平坦部周回、取り残し加工 )


    等高線


    走査線


    取り残し加工


    ■ 等高線全体仕上げ新モード
    等高線仕上げ+走査線領域をパック化した加工モードを新設しました。

       演算終了時にマージ処理
       ・等高線→走査線
       ・走査線→等高線


    ■ 等高線荒取り
    部分加工における「全周」のパスを、キャビティのように内側から切り込み、かつG00移動の少ないパスに仕様変更しました。


    ■ 等高線仕上げ
    ゼロカット機能の追加やコーナーR制限値の変更、アプローチ円弧挿入範囲の拡大など機能を拡張しました。大物プレス金型や精密加工に適した加工を実現できます。

    平面ピッチ追い込み指定          コーナーR形状処理          円弧APPの90度角度追加


    ■ 走査線領域
    走査線領域延長処理制御機能を追加しました。

    最適化ツーリング設定
     

    ■ 等高取り残し加工

    緩斜面のZピッチ挿入ON/OFFを追加しました。これにより緩やかな傾斜面に対して等ピッチの切削パスを出力可能です。

    最終平面ピッチを追加しました。中荒取り加工における安定度を向上させることができます。

    平面追い込みOFFを追加しました。最終仕上げ加工も視野に入れることができます。

    ■ 等高複刃加工&等高取り残し加工
    異形チップ工具などによるコーナー部の削り残し処理を強化しました。


    ■ 新ポリゴン演算の機能強化

    加工済ワークに対応させるため、加工領域の中抜きを実現しました。
    最適化ツーリング設定

    傾斜アプローチに対応しました。これにより加工時の安全性を強化できます。


    傾斜アプローチ対応           

    円弧補間を行うことで、加工機の追従性向上とデータ量の軽減を実現します。
    最適化ツーリング設定
    円弧補間        

    ■ 工具形状表示
    アクティブプロファイルの工具形状を任意の位置にテンポラリ表示します。これにより事前に加工方向や工具干渉の有無を確認することができます。また、演算後にCLに合わせて工具を配置することも可能です。


    ■ 新CLエディタ
    大型金型への適用範囲の拡大と効率的な運用を実現するため、V3.4から新CLエディタをリリースしました。大容量CLデータ編集や複数のCLの一括表示・編集を実現しております。


    操作環境


    ・高速描画
    工具形状表示対応
    複数工程一括処理
    ・大容量CL対応
    領域削除拡張
    領域削除拡張
     
     

    ■ 最適化干渉エラー表示
    干渉した箇所への工具配置機能を搭載しました。従来の座標のみの表示に比べ、視覚的な確認が容易になりました。

    2.5DCAM 関連
    2.5Sモード概要
    モデル中に存在する2軸半形状をコンポジット図形と呼ばれる新たな図形要素で定義することでより多くの加工情報を持たせています。これにより従来のコンプカーブによる操作の低減と形状の容易な確認を実現しました。

    2軸図形(曲面指示作成)
    曲面から2軸半の形状定義に必要な寸法・形状情報を取得します。
     

    状属性情報の表示


    加工モード
    新2軸半モードに対応する3種類の加工モードを用意しました。操作の低減と形状の容易な確認を実現しました。

    2.5荒加工
    2.5側面加工
    2.5底面加工

     

    HOLE

    穴図形(穴埋め)
    平坦な面だけでなく、複数の曲面に跨っている場合でも蓋(キャッピング)をすることができます。

     
    止まり位置の最適化
    穴深さの補正値を最適化を実行することで取得できます。斜めの面であっても工具が完全接触したところから加工深さを計算します。
    ・最適化前
    ・最適化実行後

    穴工程選択機能

    穴図形から加工工程を選択することができます。

     
     位置決め5軸CAM 関連

    ■ワーク平面管理

    情報エリアにアクティブワーク平面でNC出力した際の機械軸の角度表示可能です。

    ワーク平面管理

    ■加工指示書

    加工情報フォーマットに旋回、傾斜角度の項目を追加しました。

    ワーク平面管理

    ■マトリクスコピー

    CLマトリクスコピー機能を拡張しました。

    ワーク平面管理

    ■機械軸回転角度表示

    MX工作機械ファイル(PAMファイル)の設定エリアを追加しました。

    主なバージョンアップ機能一覧
    ■Modeler
    機能 コマンド名 強化・新機能の内容
    ファイル 環境設定 印刷時のビュー枠出力する/しないを環境設定で切りかえ
    イメージ出力 印刷時のビュー枠出力する/しないをダイアログで切りかえ
    ツール 図形情報(割り込み) コマンドに割り込んで図形情報を取得
    簡易寸法線(座標値) 表示方法の拡張
    簡易寸法線(距離)
    簡易寸法(半径)
    スナップ(端点) 簡易寸法線起動中のスナップ有効
    ゲットデータファンクション (端点) 対象図形要素に簡易寸法線を追加
    ワーク平面定義(ワールド座標軸回転) ワールド座標基準のガイド軸をテンポラリで表示
    基本図形
    (半径・接点・接線角度)
    円・円弧コマンドで平面指定
    円弧
    (半径・中心・始終点方向)
    円弧(中心・始終点)
    円弧
    (半径・始終点・中心方向)
    円弧
    (半径・接点・接線角度・始終点方向)
    CAM 領域線保存揺動 ・対象図形に円、円弧、楕円、楕円弧、開曲線、閉曲線を追加
    ・コマンド内チェイン指定を追加
    ・エ
    コマンド内チェーン指定 円筒貼り付け曲線 コマンド内でチェーンセレクト対応
    削除
    断面線逆配置
    断面線配置
    投影曲線
    平面展開曲線
     

    Sculpture CAM

    機能 コマンド名 強化・新機能の内容
    演算工程表 最適化演算 他の演算工程表に対して最適化の並列演算を実現
    最適化 2軸加工 径補正を含んだ切削パスの最適化
    加工工程 加工工程環境シート 加工工程と加工工程MXの環境設定を別々にする
    コントロールウィンドウ 有効範囲設定 複数ページに渡って有効範囲を一度に設定
    形状設定 チェック面→計算範囲面への指定切り替え
    ページ制御 輪郭切削:前回設定条件の引継ぎ
    ■HOLE
    機能 コマンド名 強化・新機能の内容
    CAM 穴図形(編集) 深さ指定
    穴図形(一括作成) 色によるグループ付け
    穴図形(範囲セレクト) 深さセレクト
    穴図形(形状確認) 深さ情報
    穴図形(CSV書き出し) 穴リスト
    コントロールウィンドウ 順序設定 ソート順の種類と図形取り込みどきのソートデフォルト
    演算工程表 工具情報・先端情報 プロファイル編集・演算工程表のリストにHOLE固有情報を表示
    CL表示 演算工程表から実パスCL表示

     

     

    サイトマップ