• インターフェース
  • システム構成
  • 機能詳細
  • 部品加工向け
  • バージョンアップ
  • システム要件
  • 加工サンプル
    導入事例
    導入先リンク
    定期講習会
    認定試験
    機能詳細情報
    5軸加工
     5軸加工
    2.5/3軸加工で培った高精度が、5軸加工による直彫りまで適用範囲を拡大します。
    CAM-TOOLの5軸加工機能は、5軸特有スキルを必要とせず5軸制御マシニングセンタの性能を最大限に引き出します。


    イメージサンプル   位置決め5軸加工
    ■ 工具形表示
    ■ アンダーカットシェーディング
    ■ 平坦部抽出
    ■ 多方向CL同時表示
    ■ 多方向最適化
    ■ 5軸ポスト処理
    同時5軸加工
    ■ 同時5軸変換機能
    ■ スムージング機能
    ■ 干渉チェック機能
    ■ 自動干渉回避機能
    ■ 5軸ポスト処理
    ■ 加工モード
  • スワーフ加工
  • 等高線仕上げ-5X
  • 複合面沿い加工-5X
  • 取り残し加工-5X
  • 基準面オフセット加工-5X
  • G01穴あけサイクル-5X
  • ■ 5軸用ポストプロセッサ
    • 位置決め5軸加工の対応制御機
    • 工具先端点制御機能およびピポット点制御データにも対応
    • 同時5軸加工の対応制御機
    • FANUC、HEIDENHAIN、SIEMENSなど、工具先端点制御を搭載した制御機に対応。

    G43.4(FANUC)出力に対応   

    スピンドルチルトタイプ
    (スピンドルが旋回するタイプ)
      

    テーブルチルトタイプ
    (テーブルが回転するタイプ)

    テーブル&スピンドルチルトタイプ
    (テーブルとスピンドルが両方旋回するタイプ)
    機能詳細情報
     位置決め5軸加工(ワンチャック・ホール加工)

    位置決め5軸イメージサンプル 「位置決め5軸加工」は、モデラ上で位置決め方向を指定した上で、2.5軸・3軸加工モードによる高精度な加工データを作成します。
     加工データは工作機械の旋回軸・傾斜軸を全て制御し、1つの加工工程内で多方向からの加工を可能とします。 さらに工程ごとに切削済みのワーク形状を認識する最適化機能で効率的かつ安全な加工を実現します。勿論、ATCにも対応し現場の段取り工数を大幅に削減します。
      【 対象加工モード 】
      プランジ加工・スワーフ加工・等高線仕上げ-5X を除くすべての加工モード
    ■ ワーク平面管理

    割り出し方向の基準となるワーク平面を一括で管理。 ワーク平面の傾きを実際の5軸機械の機械軸の回転角度として表示できるため、多方向からの加工を行うための操作性が格段に向上します。
    ワーク平面管理
    ■ 割り出し作業

    位置決め5軸加工に必要となる加工方向の割り出し作業に対し、アンダーカットチェックや平坦部抽出、角度シェーディングなどのコマンドを用意 。割り出し方法の基準となるワーク平面の定義や登録、呼び出し、平面部も簡単操作で行えます。
    割り出し作業
    ■ 多方向最適化
    5軸位置決め加工におけるCL最適化処理をCAM演算とともに一括管理。 アンダーカット部分の表現を含めたシミュレーションや多方向からの切削によるエアカット削除、 干渉チェックなどの加工段取りをサポートする様々な機能により、安全で効率的な5軸位置決め加工データの運用が可能です。
    • エアカット削除
    • ホルダ干渉チェック
    • 自動クリアランス
    多方向最適化
    ■ 多方向穴あけ
    モデル上の穴形状を認識でき、加工済み形状に対する干渉チェックや穴加工開始・終了位置の最適化により多方向からの穴あけを 安全に行えます。(※要穴あけモジュール)
    多方向穴あけ
    ■ CLアングル
    切削部の位置は変えずに、加工方向とアプローチ、エスケープの向きを変更できます。 これにより、工具のシャンク部分が切削形状に干渉した際など、容易に回避することができます。
    CLアングル
    機能詳細情報
     同時5軸加工

    同時5軸イメージサンプル
     「同時5軸CAM」は、作成済みの加工パスに、工具軸方向の情報を付加する方法で同時5軸の加工パスを作成します。当社独自のアルゴリズムによる先行制御(スムージング機能)を施すことで、旋回軸と傾斜軸の急激な加減速を抑制し滑らかな動作が実現でき、工具が切削面に与える影響を低減します。
      【 主な特徴 】
    • 先行制御により旋回軸と傾斜軸を滑らかに制御
    • 干渉チェック機能および自動干渉回避機能
    • 軸加工の精度そのままに、同時5軸加工パスへ変換
    • 同時5軸加工の幅を更に広げる専用加工モードの搭載
      【 対象加工モード 】
      等高線仕上げ/等高線全体仕上げ/走査線領域/平坦部周回
      取り残し加工/面切削仕上げ/エイミングチェック/CL+チェック
      カーブ切削/ペンシル加工/複合面沿い加工/走査線加工
      等高取り残し加工/面沿い取り残し加工/面沿いオフセット加工
      等高仕上げ加工/スワーフ加工/等高線仕上げ-5X

    ■ 5軸変換機能/スムージング機能

    5軸への加工パス変換方法としては、「オート」、「カーブ」、「ポイント」、「マニュアル」を用意。 これらの方法を選択することにより、加工部位の特性や要求品質に合わせた加工を可能とします。
    • オート
    • 工具の傾斜角を入力するだけで変換が行えます。旋回軸の制御は、当社独自のアルゴリズムによる”先行制御機能”が自動的に適用されます。
    • カーブ
    • ガイド図形(曲線、点)と工具の傾斜角を指定することで任意に工具軸方向を制御します。一般的にはシンプルな形状の場合に適用しますが、任意な工具軸方向制御が行える為、同時5軸CAMを経験したCAMオペレータのスキルを活かすこともできます。
    • ポイント
    • ポイントを参照にしパスの傾斜角度、旋回角度を設定。
    • マニュアル
    • 旋回軸、傾斜軸の角度を指定することで、工具軸方向を固定します。5軸変換したカッターパスに対して部分的に適用することができる為、同時5軸、固定5軸を併用したカッターパスの作成も可能です。これにより加工部位ごとに適した効率的な加工方法が適用できます。


    同時5軸編集

    スムージング制御(切削動画)

    ■ 干渉チェック/自動干渉回避機能

    同時5軸加工においては、工具形状と切削形状との干渉チェック機能の動きが、切削面の品質に大きく影響します。当社「同時5軸加工」では、干渉が発生した場合、システムが自動的に傾斜軸を制御し干渉を回避させます。また、ここでも先行制御を施し、急激な角度変化を抑制、干渉部分の手前からスムーズに角度変化させるので、干渉回避痕を最小限に抑えます。
    • 干渉チェック
    • 干渉が発生した際、CL及び形状上に干渉の箇所を表示します。アンダー部が存在する形状の干渉チェックにも対応。また、 干渉チェックで干渉が発生した場合、干渉を回避する条件を2つのパターン(突き出し長/傾斜角度)で算出します。

    • 自動干渉回避
    • 工具、チャック、ホルダとの切削形状との間に干渉が発生する場合、自動的に傾斜軸を制御することで、干渉を回避します。 急激な角度変化を抑制するために手前からスムーズに角度変化させることで、切削面の品質向上を実現します。
    干渉チェック 干渉回避
    ■ 加工モード
    同時5軸加工の幅をさらに広げる専用の加工モード「スワーフ加工/等高線仕上げ-5X」を用意しました。(Version5より搭載)
    • スワーフ加工
    • 工具の側面を使用し、加工形状に沿った切削を行います。独自の先行制御機能により急激なベクトル変化を軽減させ、 スムーズな動作を実現します。

    • 等高線仕上げ-5X
    • アンダーカット形状部に対して等高線のカッターパスを作成することが可能です。

    等高線5X
    等高線5X
    ■ 加工事例(1)

  • サンプル名称
  • スライドコア(アクスルケース)
  • 使用機械
  • 株式会社森精機製作所
    NMV5000 DCG
  • 被切削材質
  • 大同特殊鋼 DH2F(38〜42HRC)

     加工概要はこちら

    ■ 加工事例(2)

  • サンプル名称
  • スライドコア(デフキャリア)
  • 使用機械
  • 三井精機工業株式会社
    Vertex550-5X
  • 被切削材質
  • NAK55


     加工概要はこちら

    サイトマップ