• インターフェース
  • システム構成
  • 機能詳細
  • 部品加工向け
  • バージョンアップ
  • システム要件
  • 加工サンプル
    導入事例
    導入先リンク
    定期講習会
    認定試験
    機能詳細情報
     2.5軸加工
    3D CAM と融合した操作環境が効率的かつ安全な加工データを作成 形状の容易な確認と多彩な加工バリエーションが短納期の現状をサポートします。


    曲面モデルから2軸半形状を認識
    2.5側面加工と2.5底面加工のパス。
    2軸/2軸半加工は、ワイヤフレームの輪郭に対し複数の断面を指定することを可能としており、ポケット形状や島形状を定義できます。 また、曲面から2軸/2軸半で加工可能な平面と断面を認識し、カッターパスの作成を可能とします。2.5Sモードにおいては、曲面との干渉チェック機能を搭載しています。

    2.5軸加工モード
      【 2.5S 】
    • 2.5荒加工
    • 2.5側面加工
    • 2.5平面加工
    • 2.5取り残し
    • 2.5面取り


    • 【 2.5D 】
    • キャビ周回加工
    • コア周回加工
    • 輪郭切削加工
    • 平面加工
    • 2軸加工

     機能・加工モード
    ■ 2.5S 加工モード
    2.5荒加工
  • 2.5荒加工

  • 2軸/2軸半のスライド形状や開ポケット形状では開放部から進入し、ポケット形状では周回走行で、工具中心一定の荒取り加工を行います。 また、コア形状を島として回避することもできます。
    2.5S側面加工
  • 2.5側面加工

  • 2軸/2軸半形状における側面切削走行を行う仕上げ加工です。選択されたキャビ形状/コア形状の側面部分を加工するカッターパスを出力します。また径補正を利用することも可能です。
    2.5S底面加工
  • 2.5底面加工

  • フラットエンドミル、ラジアスエンドミル工具を使用して2軸/2軸半形状の上面/下面仕上げを行なう加工です。選択されたキャビ形状/コア形状の平面部分を加工するカッターパスを出力します。またコア形状を島として回避することもできます。
    ■ 2.5D 加工モード
    • 輪郭切削加工
    • 2軸/2軸半形状における輪郭切削走行を行う仕上げ加工で、断面やコーナーRの指定が可能です。 また、島形状を回避しながらの加工も行えます。(右図)

    • キャビ周回加工
    • 2軸/2軸半形状のキャビティの周回走行をベースとした、工具中心一定の荒取り加工です。島を回避した周回走行も行えます。

    • コア周回加工
    • 2軸/2軸半形状における周回走行をベースとした、コア形状の工具中心一定の荒取り加工です。

    • 平面加工
    • 2軸/2軸半形状の上面/下面仕上げを行なう加工です。走行タイプを「片道」「往復」「周回」「輪郭なり」から選択できます。

    • 2軸加工
    • 簡単な2軸形状における輪郭切削走行を行う加工です。 機械径補正を行った切削輪郭に沿った加工で輪郭出しが行えます。 また、切削輪郭のオフセットを同一Z値上で繰り返す加工が行えます。

    ■ 干渉チェック (2.5S)
      曲面との干渉チェック機能を搭載。演算時に警告メッセージを出力します。干渉したところは、「演算エラー来歴表示」で座標値を確認する事ができます。

    サイトマップ