グラフィックプロダクツ、 穴あけ、2軸/2.5軸、3軸加工を搭載した5軸位置決め対応部品加工向けCAMシステム 「tools PARTS」をリリース
GP ロゴ

2008年04月01日
代表取締役社長 西野 直之 

 株式会社グラフィックプロダクツ(本社:東京都渋谷区恵比寿、TEL 03-5793-5001)はこの度、部品加工向けCAMシステム「tools PARTS(ツールズ パーツ)」をリリースいたしました。


「tools PARTS」には、部品加工において主流の穴加工や2軸/2.5軸だけでなく、3軸加工までを搭載、さらに5軸位置決めに対応し、部品加工に求められる加工データ作成全体の効率化を実現します。また加工済み領域をシステムが自動認識するため、無駄のないNCデータを作成いたします。


今回発表された「tools PARTS」の主な新機能は、以下の通りです。

■ 「主な新機能」

  1. ポケット加工・穴加工

    曲面やワイヤフレームからポケット属性を作成することが可能で、 簡単にNCデータを作成することができます。また穴加工では、円図形、曲線、曲面など様々な図形要素から目的とする穴を認識し、ドリリングやタップ、面取りなど様々な加工に対応可能です。

  2. 3軸加工

    荒取り工程では、等高線大荒取り後、自動検出された取り残り部位への追い込み加工が可能であり、効率的かつ安定的な加工を実現します。仕上げ工程では形状の勾配角度をシステムが判断して等高線または走査線の切り分けを行う、等高線全体仕上げ機能を用意しました。

  3. CL編集

    大容量の部品加工データにも対応するCL編集機能を搭載いたしました。多数個取り用データ作成、対称形状作成を簡単に行なうことができます。

  4. 最適化処理

    多方向からの加工済み形状を認識することにより、エアカット削除を行ない、より効率的で安全なNCデータの出力を行なうことが可能です。

■ 推奨ハードウエア環境
  • OS : Microsoft®Windows® XP Professional SP2以上
  • グラフィックボード : Open-GL 準拠

    ■ 定価(消費税及び保守料別)
    tools PARTS:200万円     


  • −INTERMOLD2008に出展−

    株式会社グラフィックプロダクツは4月17日(木)〜20日(日)にインテックス大阪で開催される「INTERMOLD2008(金型加工技術展)」に出展いたします。今回リリースした「tools PARTS」 を始め、「微細・大物」をテーマに、最新のCAD/CAMソリューションをご紹介いたします。

    【開催概要】

     ・会期
     :2008年4月17日(木)〜20日(日)10:00〜17:00(最終日16:00まで)
     ・会場
     :インテックス大阪 (〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102
     ・当社ブース
     :6号館Aゾーン ブース211



    ■ 株式会社グラフィックプロダクツについて(http://www.graphicproducts.co.jp

    金型用CAMシステムの開発・販売・サポートを行うソフトウェアメーカーとして1981年に設立。主に金型メーカー向けのCAMシステム「tools」シリーズを主力商品とし、デジタル設計データを基にした高品位・高効率のNC加工を実現するCAMソフトウエア開発を通じて、自動車、家電製品などをはじめとする「ものづくり」産業をサポートしています。


     本リリースに関するお問合せ:

    株式会社 グラフィックプロダクツ  広報室 天野美穂
    東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー15階
    TEL 03-5793-5024 FAX 03-5793-5003  e-mail: m.amano@graphicproducts.co.jp


    ■ 製品に関するお問合せ先:

    株式会社 グラフィックプロダクツ 営業企画部 TEL 03-5793-5330



    ・Microsoft、Windowsは、MicrosoftCorporationの商標です。

    サイトマップ