グラフィックプロダクツ、 金型用3次元CAMシステム「tools V3 Ver.3.3.1」および
5軸マシニングセンタ対応CAMシステム「tools MX Ver.1.3.1」をリリース


〜 新オプション「SculptureCAM HOLE」モジュールの販売も合わせて開始
金型の大型化・複雑化に悩むユーザーや部品加工ユーザーに最適〜
GP ロゴ

2006年11月29日
代表取締役COO 田端 雅和

株式会社グラフィックプロダクツ(略称:GP、本社:東京都渋谷区恵比寿、TEL 03-5793-5001)はこの度、金型用3次元CAMシステムである「tools V3 Ver.3.3.1」及び5軸マシニングセンタ対応CAMシステム「tools MX Ver.1.3.1」をそれぞれリリースしました。
今回の新バージョンでは、さらなる加工時間短縮をテーマにさまざまな機能拡張に取り組んでおり、特に大物金型製造における大幅な工数削減を実現する機能を搭載しております。

また、新たに穴あけ加工のオプションとして「SculptureCAM HOLE」モジュールを開発いたしました。3次元CAMが普及し、加工のクオリティー・時間が飛躍的に向上した現在でも、穴あけ加工については改善されていない点が多いのが現状です。 「SculptureCAM HOLE」は、汎用性・自由度に重点を置き、多様な穴あけ加工にも対応。2.5D/3D CAM との併用で効率的かつ様々なワークに対して安全な穴加工データを作成することが可能となりました。


今回発表された「tools V3」「tools MX」の最新バージョンおよび「SculptureCAM HOLE」の主な新機能は、以下の通りです。

【「tools V3」「tools MX」共通 主な機能」】

  1. 最適化の拡張
    「接続移動G00変換機能」で移動距離の長い接続移動部分をG00(早送り)に変換することで、さらなる加工時間の短縮が可能になりました。また、 「水平円弧アプローチ編集」により、水平円弧アプローチを3次元円弧アプローチに付け替えることで、切削残り代が多い箇所へのアプローチ時の工具負荷を軽減し、アプローチ痕を残しません。

  2. CAMエンジン強化
    「取り残し加工:F値拡張機能」により、稜線方向と直行方向に個別のF値が設定できるようになりました。負荷の少ない稜線方向のF値を上げることによる加工時間の短縮が可能となります。

  3. CLエディタの拡張機能
    「アプローチ付け替え機能」によって、アプローチ/エスケープの変更にCLの再演算が不要になりました。また、アプローチ位置を自由に設定できるため、磨きにくい箇所や、意匠面へのアプローチを回避させることもできます。

tools MX Ver1.3.1 製品紹介 

tools V3 Ver3.3.1 製品紹介 

【「SculptureCAM HOLE」モジュール 主な機能」】
  1. 様々なCADデータからの穴図形認識
    座標、点、円、円弧やカーブ、曲面を認識し、穴図形を作成することができます。

  2. 多様な切削モードに対応
    本バージョンでは固定サイクル、面取り加工、G01穴あけサイクルといった切削モードに対応しています。また、切削モードのそれぞれの特徴により適応範囲を自動認識します。

  3. 2.5D/3D CAMと一体したシミュレーション・最適化
    2.5D/3D CAMの削り上がりに対しシミュレーションを実行、穴あけ動作・工具についての干渉チェックを行います。また、削り残しを等慮し穴の開始・終了およびワークに干渉しないよう穴から穴への移動を最適化します。



    SculptureCAM HOLE 製品紹介 



■ 推奨ハードウエア環境
  • OS : Microsoft® Windows® 2000 SP2 / XP / XP x64 Edition
  • ブラウザ : Internet Explorer 5.5以上
  • CPU : 推奨 Pentium 4以上
  • メモリ : 推奨 512MB以上
  • HDD : 4GB以上
  • グラフィックボード : Open-GL 準拠

    ■定価(消費税及び保守料別))
    tools V3 :520万円
    tools MX :640万円
    SculptureCAM HOLE モジュール :80万円


  • ■ 株式会社グラフィックプロダクツについて(http://www.graphicproducts.co.jp

    金型用CAMシステムの開発・販売・サポートを行うソフトウェアメーカーとして1981年に設立。主に金型メーカー向けのCAMシステム「tools」シリーズを主力商品とし、デジタル設計データを基にした高品位・高効率のNC加工を実現するCAMソフトウエア開発を通じて、自動車、家電製品などをはじめとする「ものづくり」産業をサポートしています。


    本リリースに関するお問合せ:

    株式会社 グラフィックプロダクツ  コーポレートコミュニケーション室 天野美穂
    東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー15階
    TEL 03-5793-5024 FAX 03-5793-5003  e-mail: m.amano@graphicproducts.co.jp


    ■製品に関するお問合せ先:

    株式会社 グラフィックプロダクツ 営業本部 TEL 03-5793-5330



    ・Microsoft、Windowsは、MicrosoftCorporationの商標です。

    サイトマップ