新製品tools VIS-À-VIS発売のお知らせ GP ロゴ
2004年1月13日
株式会社グラフィックプロダクツ
代表取締役COO 田端 雅和
お客様各位

当社は、新しいコンセプトに基づく新製品を開発し、平成16年3月1日から発売することとなりましたので、お知らせいたします。この新製品は、当社の製品ラインアップを強化し、幅広い顧客ニーズに対応することにより金型製造のパフォーマンス向上を支援するものであります。



金型用 CAD/CAM システム「tools VIS-À-VIS(ツールズ ビザビ)」
tools VIS-A-VIS




新製品の内容および特徴
今回発売する新製品「tools VIS-À-VIS」は、モデラ環境と分離させた、オープンアーキテクチャ型の CAM プラットフォームを新たに開発したもので、ある特定の業務に特化したシンプルなモジュール構成ができる一方、CAM プロセス全般をカバーすることも可能となり、初期投資・運用コスト低減に効果を発揮するものであります。

また、CAD 側にもオープンな仕組みを用意しており、3次元設計された金型モデルが持つ様々な属性情報を活用した、設計と製造のシームレスな連携も可能とするものであります。





VIS-À-VIS は従来システムとは異なり、 CAM 環境をモデラと分離したオープンアーキテクチャ指向の CAM システムです。
tools Modeler のほか、SolidWorks や thinkdesign など他社 3DCAD へのオープンな仕掛けにより 3D プロダクトモデルの一貫利用が実現します。

さらに操作環境についても、CAM 条件の設定画面を顧客毎にレイアウトができる(加工工程カスタマイズ機能)ほか、工具データベースをはじめとする各種データベースを構築しやすくしているため、ベテランエンジニアの加工ノウハウや加工実績を、初心者でも簡単に再利用できるようにして、初心者が運用する場合やルーチン工程・類似製品製造にも効果を発揮するものであります。



■加工条件の蓄積機能
標準的な工具形状及び切削条件をプリセット。実加工に適用・編集した実績値を蓄積することで使いながら顧客固有のデータベース構築ができます。
工具データベース
「工具データベース」
■顧客固有加工パターンの確立
ベテランエンジニアの加工シナリオを、誰でも簡単に利用することが可能です。加工パターンは名称とコメントで管理し、またパターンツリーも同一ビュー上で確認できるため、検索の手間を省きます。
加工パターン一覧
「加工パターン一覧」ダイアログ

■加工工程カスタマイズ
加工条件設定の微調整を都度行なうような場合、加工工程カスタマイズが有効です。設定項目の表示・非表示のほか、レイアウト機能を利用することで、タブ名称を任意に登録することができます。
加工工程カスタマイズ
「加工工程カスタマイズ」ダイアログ
加工条件設定
カスタマイズ後の「加工条件設定」ダイアログ


加工シナリオを立案しながら CAD/CAM 操作を行なうベテランエンジニアには、従来通り CAD/CAM 一体型の「TOOLS」を提案し、その加工ノウハウを機軸に各工程に適した「tools VIS-À-VIS」を配置することで、より広範で効率的な業務環境が構築できることとなります。

当社では、今回の正式発表に先立ち、開発センター内に販売・カスタマイズサービスに関するプロジェクトチームを発足させ、昨年後半より「プリ・リリース」活動を開始しております。これは、より深く顧客との関係を構築し、顧客毎の要望に応えていくことを目的としております。昨年11月には、大手樹脂金型メーカであるフジグループ(群馬県薮塚本町 横山勝助社長)の2社、株式会社富士精工・株式会社フジへ10ライセンスの導入を完了し、特定業務の生産性向上を果たすべくご協力いただいております。フジグループは、「ウエルドレス」金型や「空中多面金型加工」など、常に最先端の技術を創造している金型メーカであり「tools VIS-À-VIS」は電極加工部門の増員にあわせて専用システムとしての運用を開始しております。

その他にも、大手自動車メーカや関連サプライヤ、電機メーカなどへの積極的な 「プリ・リリース」活動も展開しており、試作から量産立上げまでの期間短縮、金型生産工程の最適化を提案しております。


「CAMメイン」ダイアログ
「CAMメイン」ダイアログ

サイトマップ