GP-LETTER
バックナンバー
2009年8月号 No.135

CAM-TOOL『 認定試験 』合格者紹介

6月に実施いたしました、『 第7回 認定試験 』合格者のインタビューをお届けいたします。
【 社名50音順 】
 伊丹金型工業 株式会社 様
 合格おめでとうございます!
久保 隆信 様
  • システム経歴
    tools V3 から使用し、約5年になります。

  • 受験動機
    自分の実力がどこまで成長したか知りたく受験しました。 また、合格する事によって自分の技術を周りに認めて貰いたいのも1つです。

  • 試験前の準備について
    合格している先輩からアドバイスを頂き、半年前から試験対策をしてきました。

  • 試験について
    筆記は、普段使わないシステム設定などが問題に出されていたので、対策していたにもかかわらず大変難しく感じました。 実技については、普段通りに取り組む事ができ、自分の力をすべて出し切れたと思います。

    今回の受験で自分のレベルも分かり、試験勉強した事により自分のスキルアップにも繋がりました。 試験を勧めてくださいましたグラフィックプロダクツ様、諸先輩には大変感謝しております。 今後とも、自社のキャッチフレーズである「T-R-M」(技術-信頼-市場価格)に恥じることのないよう 日々技術の向上を心掛けて仕事に取り組んでいきたいと思います。

  • その他(会社又は自己PR等)
    通常の単色成型金型はもちろんのこと、主に携帯電話やデジタルAV機器、カーオーディオ関係等の精密小物の2色成型金型を設計、製造しております。 最近では5軸加工機(V33-5XB)や超精密小物加工機(V1)等を導入し、常にお客様に満足していただけるような金型造りを目標に全社員一丸となって頑張っております。
    【 会社紹介 】
    伊丹金型工業 株式会社
    大阪府大東市新田中町2-48
    http://www.itamikanagata.co.jp/
    【 主な事業内容 】
    プラスチック射出成形金型・二色成形金型・設計製造
 オーエスジー 株式会社 様
 合格おめでとうございます!
上野 友義 様
  • システム経歴
    tools V3 から使用開始して、2年5ヶ月経過になります。

  • 受験動機
    切削工具を上手にお使いいただくための、加工サポートを担当しています。そこで、お客様への更なる信頼を築くため、加工技術の品質向上を目的に、3軸加工の主力として扱っている CAM-TOOL の技術を磨くため受講しました。

  • 試験前の準備について
    社内では3名の合格者がいて、その先輩方にアドバイスをいただきながら、テキストの読み直しや、使い慣れていない加工モード(等高複刃加工、新CL編集)を重点的に勉強しました。

  • 試験について
    CAD/CAMの認定試験を受験するのは、初めてで緊張したせいか、実技試験では3時間もありながら全問ベストな回答をすることができず少し残念には思っていますが、 取組んだ例題に対しては、ある程度の理解のもと回答できたことは自信になりました。

  • その他(会社又は自己PR等)
    切削工具メーカーとして、工具単体だけではなく、それを取り巻く環境(CAM、ホルダ、マシニング等)の重要性を認識しております。 これら環境をも理解する事でより良い開発ができると考えております。工具の開発だけに留まらず、加工方法等のサポートにも力を入れています。
    また、工具開発を通して、切削加工に携わる者として、地球温暖化等の環境問題解決のため、循環型社会の実現のため貢献したいと思っております。
    【 会社紹介 】
    オーエスジー 株式会社
    愛知県豊川市本野ヶ原3-22
    http://www.osg.co.jp/
    【 主な事業内容 】
    切削工具・転造工具の製造販売
 樫山金型工業 株式会社 様
 合格おめでとうございます!

    林 一美 様

    油井 克実 様
  • システム経歴
    C3が2年半、tools が3年半になります。(林様)
    旧CAM-TOOLが2年半、C3が4年、tools が5年半になります。(油井様)

  • 受験動機
    自分が機能を使いこなせているのか客観的に知りたいと思い、また上司からの勧めもあり受験しました。(林様)
    自分の技術レベルがどの程度なのかを確認し、技術力を向上させるために受験しました。(油井様)

  • 試験前の準備について
    実務の中でヘルプを読んで理解しながら入力をするようにしたり、普段使っていない加工モードもあったので全般的に勉強しました。また、合格した先輩方にアドバイスもいただきました。(林様)
    普段あまり使っていないコマンドや切削モードを中心に操作方法の確認等を行いました。(油井様)

  • 試験について
    時間が短かったです。先輩方に時間配分に気をつけた方がいいと言われていたのである程度時間を割り振ってやったつもりですが、時間が足りなかった問題もありました。 選択問題は、詳細な問題形式になっており、業務で流れ作業的にコマンドを使用してしまっていたことを反省しました。(林様)

    筆記は予想していた以上に難しく、また意識せずに操作しているためか知っているのに思い出せない問題がありました。 実技は制限時間内に回答することができましたが、確認中に1問間違いを発見しわずかな残り時間の中、あせってしまい的確に修正することができませんでした。(油井様)


  • その他(会社又は自己PR等)
    携帯電話筺体(インサート成形型、2色成形型等を含む)のほか、自動車部品、医療用等、多岐に渡る金型製造をしております。
    お客様のニーズをとらえ更にその先へ! 充実のCAD/CAMシステムと最新加工設備、検査設備を駆使し、本当にご満足いただける金型を供給し続けます。

    環境マネジメントシステム ISO 14001:2004認証取得
    品質マネジメントシステム ISO 9001:2000認証取得

    【 会社紹介 】
    株式会社 樫山金型工業
    長野県佐久市小田井1119
    http://www.mkg.co.jp/kanagata/
    【 主な事業内容 】
    精密樹脂金型・プレス金型・部品加工・成形品の
    設計及び製作
 竜飛精工 有限会社 様
 合格おめでとうございます!
奈良 大樹 様
  • システム経歴
    tools は5年半位ですが PAX から使用しておりGPシステム使用暦は約10年になります。

  • 受験動機
    自分の実力がどの程度なのか知りたいと思い、また会社で応援してくれたのもあり受験しました。

  • 試験前の準備について
    普段はあまり使用しないコマンドやプロファイルを使用するようにし、わからない部分はヘルプ、テキストを参照しました。

  • 試験について
    筆記試験は難しかったです。普段使用しているコマンドでも、問題として文章になるとわからない部分が多くて自信のない回答が多かったと思います。 実技試験は業務と同じ様な感覚で進めることができ悩む部分は少なかったです。ただ普段はショートカットなどを多用しているため、慣れない環境での作業に苦戦し時間に余裕はありませんでした。

  • その他(会社又は自己PR等)
    認定試験を通じて今で知らなかったコマンド、パラメータ等を知ることができ、自分のスキルupにつながったと実感しています。これらを基に、より応用を深め業務に役立てたいと思います。

    【 会社紹介 】
    竜飛精工 有限会社
    青森県五所川原市大字金山字泉田74-1
    http://www.tappiseiko.co.jp/
    【 主な事業内容 】
    主に家電部品、自動車部品、
    精密プラスチック金型の設計製造、射出成型

 株式会社 プライムモデル 様
 合格おめでとうございます!

因幡 浩 様 / 津田 将司 様 / 細川 浩規 様

授賞式風景
  • システム経歴
    今年で14年目です。GPさんのシステムは、初代Cad/Cam-toolから全て使っています。(細川様)
    10年目です。細川と一緒で全部使いましたが、tools 歴は約1年です。(津田様)
    僕もCAD/CAMを使って8年になりますが、tools は1年前から使っています。(因幡様)

  • 受験動機
    (3名とも)業務命令です!(笑)

  • 試験前の準備について
    特にしませんでしたが業務の合間にコマンド全体を見直して試験に臨みました。(細川様)
    講習会テキストの中から最適化機能を中心に見直しました。(津田様)
    オンラインヘルプで普段使用しないコマンドなどを確認しておきました。(因幡様)

  • 試験について
    筆記は難しかったけれど実技は問題なく処理できました。(細川様)
    筆記は全く自信がありませんでした。実技では普段通りできたと思います。(津田様)
    CL編集の問題に時間が掛かってしまいました。筆記も難しい問題が多かったです。(因幡様)

    試験のために普段使っていないコマンドを確認してみると、「この場面で使えそう」とか 「このためにできたコマンドなのか!」と言う新たな発見がありました。 実務では普段使うコマンドや加工モードは確立されていて、新機能をいきなり実切削で使用するのは勇気がいるものです。
    今回の試験勉強中に、新加工モードを使ったテスト加工をおこなったことでモードごとの特徴も良くわかりました。 この経験は今後の業務のあらゆる場面で役に立つと思います。(3名から)

  • その他(会社又は自己PR等)
    弊社の創業は1976年です。今から17年前に中能登に拠点を移し従業員も全て現地採用し、CAD/CAM化と工作機械化を計りました。その頃はCAD/CAMの知識も無くてどんなシステムでも同じ加工結果になると思っていたのですが、GPさんのCAD/CAMは違いました。他社と比較して仕上がりの違いがはっきり分かったし、磨きもとても楽になりました。取引先も安心して仕事を出してくれているように思えます。 同業者からは、GPのシステムなんて過剰設備だとも言われましたが、私はGPさんを選んで正しかったと思っています。試作でGPさんのシステムを使っている事が弊社の特徴とも言えますね。
    試作の仕事は支給されるデータのほとんどが外観の情報だけで可動部品の動作指示等はあるのですが、その部品を動かすために細工する仕組みや材質の指示はほとんどありません。そのため可動部品の動作を考慮し、モデリングや加工をいかに効率よく丁寧に行うかに尽きます。
    良い仕事ができるのは、能登の諺で『能登はやさしや土までも』と言う通り、この仕事に適した繊細なもの作りができる人柄にもあると思います。
    私は、試作のモックアップに関してはどこにも負けないと思っています。何故ならGPさんのCAD/CAMと、それを使って正確な品物を納期内に作り続けてくれる従業員の仲間たちがいる。 そんな恵まれた環境で仕事をしているのですから。(社長より)

    【 会社紹介 】
    株式会社 プライムモデル
    石川県鹿島郡中能登町二ノ宮3-115
    【 主な事業内容 】
    試作モックアップ
 株式会社 明和製作所 様
 合格おめでとうございます!
青木 伸司 様
  • システム経歴
    tools V3 Ver.4.0から使用を開始し9ヶ月経過、以前に他社のシステムを約15年使用していました。

  • 受験動機
    自身のスキルアップと客先にアピールできると思い、チャレンジいたしました。

  • 試験前の準備について
    試験の約3週間前からテキストの復習を繰り返し行い、実技試験を想定して切削モードは全てデフォルトから作成し、ヘルプ機能を何度も参考にしたりしていました。 GP名古屋営業所には毎日、何度も問い合わせの電話をしたり、知人の認定試験合格者からもアドバイスをいただいたりと、色々な方々のサポートが合格につながったと思います。

  • 試験について
    筆記試験については評判どうり難易度が高く、最初のほうの問題はさっぱりでした。 見直しをして約6割は自信がありましたが、結果は5割程度しか正解できていませんでした。 筆記試験で6割?の自信があったので実技試験はリラックスして臨むことができました。 試験が終わった瞬間は手ごたえがあり、合格を確信しました。

  • その他(会社又は自己PR等)
    3D CAD/CAM 5軸加工機を駆使して、高品質・短納期・低コストにてお客様に提供しています。
    また、タイ、インドネシアに現地法人を持ち、グローバル展開を実施している企業です。

    【 会社紹介 】
    株式会社 明和製作所
    三重県三重郡菰野町小島2461-32
    http://www.meiwa-jpn.co.jp
    【 主な事業内容 】
    アルミダイキャスト、
    プラスチックインジェクション金型設計・製作
 有限会社 横井モールド 様
 合格おめでとうございます!
安江 奨太 様
  • システム経歴
    tools を使用して約5年くらいになります。

  • 受験動機
    スキルアップのため、また自分がどのくらいのレベルなのか試してみようと思い受験する事にしました。

  • 試験前の準備について
    とりあえず【 F1 】を押してコマンドの内容を再確認しました。 あと、あまり使わない切削モードがあったので使い方を勉強しておきました。

  • 試験について
    筆記試験はあまり自信がなかったのですが、結果を見たときは意外に正解できていたので驚きました。実技の方は時計を見るたびにかなり焦りました。モデリング問題を間違っていることに途中で気付いて時間が大変とられてしまいました。 最後の演算問題のパスを時間が足りず確認できなかったので心配でした。

  • その他(会社又は自己PR等)
    弊社では2色成形金型の設計、製作をはじめおもに自動車部品の金型を製作しています。 また、金型を設計、製作するにあたってCAD/CAMは必要不可欠なものとなっており今後も技術を磨きお客様のご希望にお応えできるよう成長し続けたいと思っております。

    【 会社紹介 】
    有限会社 横井モールド
    岐阜県可児市大森1058番地
    http://www.sky-kk.jp/
    【 主な事業内容 】
    プラスチック射出成形用金型の設計・製造
 和田金型工業 株式会社 様
 合格おめでとうございます!
水田 篤志 様
  • システム経歴
    TOOLS Ver1.0が出始めた頃から使用しています。

  • 受験動機
    長年一つのシステムを使い続けていますと、慣れてくると共に自身の成長が感じられなくなる事への不安が出てきました。 認定試験を通じて、自分の今の力量と今まで歩んできたプロセスに間違いがないかを確認するため受験しました。

  • 試験前の準備について
    送られてきた例題が思いの外解けたので、多少戸惑いました。 以前受講した『実践CAM』テキストを主な復習教材として約15時間程度勉強しました。

  • 試験について
    筆記に関しては諦めの境地でした。確実に解けたと思える問題が4〜5問位しかなかったからです。 正直あの時はもうだめかと思いました。 実技試験に関しましては、6問目の〔新CL編集〕を使うための面沿 オフセットパスがうまく出なかったので、6問目は切り捨てました。 最終問題の8問目が非常に配点が高いので、自分の持っているtools テクニックの全てを注ぎ込みましたが、注ぎ込みすぎた影響か演算が 時間内に終了せず、パスを確認出来ないまま席を後にする事になったのは非常に残念でした。

  • その他(会社又は自己PR等)
    弊社は、かつてスキー靴型国内シェア100%達成、カール・ルイスが100m走で世界記録を樹立した時のシューズのソールを作成、高反発ゴルフボールのコアを作成等、各スポーツ業界において確かな足跡を残してきました。
     現在は、自動車部品の吸気系パーツ用金型をメインとして設計製作をしております。それらの製品は基本的に三次元曲面で構成されており、 形状出し・寸法出しに非常に苦労することがありますが、スキー靴型作製の時に蓄積したノウハウ等を元に多種多様な三次元曲面金型を 作製することが出来る様になりました。が、そこにはC3・TOOLSの存在なくしては決して達成する事が出来ませんでした。
    今後も時代の変化に合わせ様々なモノ作り・型作りに挑戦していきますが、CAM-TOOLと共に弊社・自身共々進化していきたいと思います。

    【 会社紹介 】
    和田金型工業 株式会社
    神戸市西区伊川谷町潤和大狂言1452-1
    http://www.wadakk.co.jp/
    【 主な事業内容 】
    自動車吸気系部品および、靴関連の
    プラスチック用金型(インジェクション、ブロー)
    ゴム用金型の設計製作
バージョンアップセミナ開催のお知らせ

ご好評中の『 CAM-TOOL Version5 バージョンアップセミナー(無料) 』
9月以降の予定(満席日を除く)は以下の通りです。是非ご参加ください。
  • 9/1(火) 東京本社
  • 9/1(火) 大阪営業所
  • 9/2(水) 大阪営業所
  • 9/15(火) 静岡会場/グランシップ静岡
  • 9/29(火) 名古屋営業所
  • 10/1(木) 宮城会場/サンフェスタ 仙台卸商センター産業見本市会館
  • 10/2(金) 福島会場/コラッセふくしま
  • 10/8(木) 北関東営業所
  • 10/22(木) 北関東営業所
詳細/お申し込みはこちらから
 
GP Customer Direct 更新情報
 


 

テクニカルサポートサイト「GP Customer Direct」は 8/31に更新いたしました。
http://www.graphicproducts.co.jp/support

 

FAX紙面
(PDFファイル 423 KB)

PDF データをダウンロードするには、アドビリーダーが必要となります。お持ちでない方は、右のバナーをクリックして、最新のアドビリーダーをダウンロードしてください。
サイトマップ