GP-LETTER
バックナンバー
2008年7月号 No.122
tools VIS-À-VIS V2.2リリース/バックアップサーバソリューションのご案内


今月はtools VIS-À-VISの新バージョンVer.2.2の主な特徴と、お客様の大切なデータ保護を支援するバックアップサーバソリューションをご紹介します。

tools VIS-À-VIS Ver.2.2主な特徴
 
今回の新バージョンでは、新たに「等高取り残し加工」が追加となり、より効率的な追い込み加工を行なうことが可能になったほか、CL表示の拡張や工具形状表示機能の新設により視覚的に確認しやすい作業環境を実現しました。また、工作機データベースでは、ハイデンハインフォーマットへの対応をはじめ、荒取り加工や仕上げ加工など加工工程タイプ別に異なるNCコードを出力させるユーザ変数の拡張、工作機別に工具初期位置設定が可能になるなど、多様なNC出力に対応しています。

■表示・確認機能の拡張
工具形状表示機能の新設
 工程作成前でも工具形状表示が可能となり、工具選定作業を容易に行なえるようになりました。工程選択時には設定されている工具、ホルダ形状を表示。突き出しの調節も可能です。
干渉部エラー表示の新設
 干渉があった場合に、干渉リストを表示。工具形状表示にも対応し干渉部の確認が容易に行なえます。

■工作機への対応拡張

工程別ポスト変数の新設
 荒取りや仕上げ加工別に異なるNCコードの自動出力が可能になりました。
ハイデンハインポスト対応
 工作機データベースにハイデンハインの工作機を用意しました。

■加工モードの機能拡張

等高取り残し加工
前工程の工具径を指定することで、稜線部、溝部などの削り残し部位を自動検出し、その部分のみを等高線によるオフ セットパスで加工する機能です。ポリゴンエンジン採用による高速演算を実現したほか、指定した切り込み量で追い込むことが出来るため、工具負荷を一定とし、効率的かつ安定した加工を可能にします。
バージョンアップ情報参照

tools Backup Server Solution のご紹介

製造業におけるデータ増加は驚異的な速度で進み、企業にとってデータの損失は生産性の低下などを引き起こす重大な問題です。グラフィックプロダクツでは、長年のサポート経験をもとに製造現場の視野で考えたバックアップソリューションを提供いたします。弊社が販売しますバックアップサーバは、簡単操作で自動バックアップ、専門知識や管理者は不要です。さらに万が一の為にサブバックアップもいたします。GP社製システム以外の他システムも対象となっており、お客様のご要望に合わせた最適な運用環境を構築いたします。


■信頼性の高いサーバマシン
・365日運用可能 ・障害に対して考慮された性能 RAID機能、ホットプラグ対応

■ソフトウェア
・自動バックアップ ・バックアップは高速かつ小容量 ・必要ファイルを容易に検索
・完全、差分、増分、上書きの設定が可能

■導入・設置
  ハードウェアの設置からネットワーク接続、バックアップソフトのインストール、障害対策用のリカバリメディア作成、動
作確認まで幅広く作業いたします。 

■サポート
  導入後安心してご使用いただけるようにバックアップソフトウェアの操作・運用方法の支援、ハードトラブル発生時の
切り分け作業を迅速に対応いたします。

※バックアップサーバについての詳細は、各営業担当にお尋ねください。営業所の連絡先はこちらから
 
GP Customer Direct 更新情報
 


 

テクニカルサポートサイト「GP Customer Direct」は 7/30に更新予定です。
http://www.graphicproducts.co.jp/support

 

FAX紙面
(PDFファイル 50.9 KB)

PDF データをダウンロードするには、アドビリーダーが必要となります。お持ちでない方は、右のバナーをクリックして、最新のアドビリーダーをダウンロードしてください。
サイトマップ