GP-LETTER
バックナンバー

2007年10月号 No.112
tools VIS-À-VIS 新バージョンリリースのご案内/
      参考書「ダイカスト加工事例」出版のご案内

このたび、tools VIS-À-VIS の新バージョンをリリースいたしました。
参考書第6弾、ダイカスト加工事例の参考書を出版いたします。

tools VIS-À-VIS Ver.2.1 主な特徴

ニュースリリース参照 

今回の新バージョンでは、直接取得可能なCADデータ種類にSTEPを追加したほか、抜き勾配/フィレット半径など情報コマンドを拡張して容易に形状情報を確認しながら設定作業が行えるようになり、より効率的な操作環境を実現しました。また、等高線仕上げでは「水平部補正」機能、最適化には接続移動やアプローチ3D円弧変換機能を追加し、加工モードの機能拡張を実現しました。

製品情報参照 

  • STEPファイルの受け取り
  • 図形セレクト手法の拡張
  • 情報コマンドの拡張
  • レイヤ機能拡張
  • リストビューでの表示・編集
  • 一括演算機能
  • 等高線仕上げ「水平部補正」機能追加
  • ツリー編集操作性向上
参考書「ダイカスト加工事例」出版のご案内

≪加工概要≫
使用工作機械 主軸回転数 40,000min-1
    最大切削送り速度 20,000mm/min
ワーク材質 SKD61(45HRC相当)
ワーク寸法 80x70x100(mm)
使用工具 日進工具株式会社殿

■ダイカスト加工事例

このたび、加工事例の第6弾『ダイカスト加工事例』を出版する運びとなりました。ダイカスト金型は、被削材が高硬度ゆえに放電加工が加工方法の主流となっています。しかしこの事例では、Φ6クラスの工具を前提に、現状考えられる最大の突き出し長さを設定して全体に直彫り加工を行いました。突き出しは最大でL/D=9相当となっております。

■加工の特徴

・大荒取り/φ6R3

加工Z範囲を分割して、工具の突き出し長さを変えて加工しています。
この工程での最大突き出し長さは L/D=9です。

・■凹R仕上げ加工/φ4R2

凹RをL/D=9の突き出し長さで加工しています。

■ダイカスト加工事例発刊のご案内
ダイカスト加工事例を発刊しました。テキストの他、モデルファイル、演算工程表、CLデータ、切削シーンのムービーファイルをご提供しています。

参考書
GP Customer Direct 更新情報
 

テクニカルサポートサイト「GP Customer Direct」は 10/26に更新いたしました。
http://www.graphicproducts.co.jp/support

PDF NO.64
FAX紙面
(PDFファイル 106KB)

PDF データをダウンロードするには、アドビリーダーが必要となります。お持ちでない方は、右のバナーをクリックして、最新のアドビリーダーをダウンロードしてください。
サイトマップ