GP-LETTER
バックナンバー

2006年12月号 No.99
第4回 tools 認定試験合格者インタビュー

認定試験は開催以来、はや4回を数え、おかげ様で全国から多くの方々に受験いただきました。
これもユーザの皆様からの厚いご支援の賜物です。心よりお礼申し上げます。
今月号は11月の試験合格者様のプロファイルをご紹介します。

伊丹金型工業株式会社様

合格おめでとうございます。
石倉 憲二 様
現在どの程度の実力があるのか知りたくて受験しました。
操作歴は tools が約5年ですが、C3 から使用しているので、トータル10年くらいです。
実務が忙しく勉強出来なかったのですが、日々の作業の中でわからない事があるとヘルプを参照しました。
正直、筆記テストは難しかったです。実技テストは普段の作業の感覚で出来たので自信がありました。

 

伊丹金型工業株式会社

所在地:大阪府大東市新田中町2-48
会社概要:主に携帯電話、デジタルAV機器の射出成型金型を設計、製作を行なっております。その中でも二色成型金型を得意としており、あらゆる精密小物の二色成型金型を製作しています。
 
上田 稔幸様 (個人受験)

合格おめでとうございます。
上田 稔幸 様
前回大阪から初めての合格者が出たことを知り、自分の実力がどの程度かを知りたいのと、技術力の向上に結びつけばと思ったことが受験動機です。
tools は2年3ヶ月使用しています。
環境設定について一通り目を通して、オンラインヘルプで確認しましたが、実技についてはほとんど何も勉強していません。
実技試験の問題は普段扱っていないものが多かったのですが、IGESデータの受け取りや、フィレット作成などは以前実業務で行っていた経験が活きました。計算範囲面の作成方法や切削パスの作り方について研究の余地があると思いました。筆記試験については、時間の制限があるため直感で答えました。

 
東陶機器株式会社様

合格おめでとうございます。
吉永 昌人 様
部署での tools のキーマンとして自分の実力を確かめると同時に自分自身の更なるレベルアップの為に受験しました。
tools の使用歴は3年半位ですが、C3 からトータルすると9年位になります。 業務に追われあまり勉強出来ませんでしたが、2週間前位から講習会テキストの見直しや、普段使わないモードを使ってのNC出力などをやってみました。
筆記は、量が多いなと言うのが第一印象でした。実技は割とスムーズに出来たと思いますが、全体的には時間が短く感じ、見直す余裕があまり無かった様に思います。

 

東陶機器株式会社

所在地:福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1
会社概要:主にレストルーム・キッチン・バス・洗面等あらゆる水廻り商品を取り扱っております。
 
樫山金型工業株式会社様

合格おめでとうございます。
柳沢 哲也 様
山浦 宏徳 様
システム経歴
柳沢様:「C3が2年と tools が3年ほどです。」
試験を受けることによって、よりtoolsを使いこなす為の知識を深めることができ、スキルアップに繋がると考えたから受験しました。
山浦様: 「 tools は使用して4年位になります。GPシステムは PAX から使用して約10年になります。」

認定試験の勉強は特にしていませんが、社内で定期的にミーティングを行い、加工モードの勉強や特殊な加工をした時の切削事例などを話しあったりしている事が試験に生かせたと思います。
問題数が多いので、時間配分を特に気にしながら進めました。普段の仕事から加工モードの特色や各設定・操作方法など幅広く理解をしていくことが必要であると感じました。

 

樫山金型工業株式会社

所在地:長野県佐久市小田井1119
会社概要:プラスチック成形品、プレス加工並びに精密金型、自動・省力機器の設計、製作、販売を手がけ、 積層造形(粉末焼結型RP)にも取り組んでいます。(ISO9002、9001、140011認証取得)
 
魚岸精機工業株式会社様

合格おめでとうございます。
安部 寛則 様
tools は、使いはじめて3年ですが、PAX から使いはじめて9年です。
会社方針「全社員資格取得」により、資格及び認定試験を探していたところ、tools認定試験があると知り受験しました。バージョンアップニュースを中心に、使った事が無いところを中心に試験準備しました。
筆記試験は、第1問目が分からなくて焦りましたが、逆に開き直れました。実技試験の前半のモデリング系は特に悩むこともなく早々に終わらせて、CAM系へ進みました。先に問題すべてに目を通してどんな作り方をするか、頭の中で構想を考えて作りました。最終問題は、大型の方を選択し※計算時間がかかる事が予想されたので、早めに演算実行し結果が出るまでに他の問題をやったのが良かったと思います。ペース配分が鍵となるかも?
(※編集部注 演算は試験時間内に終了する必要はありません。)

 

魚岸精機工業株式会社

所在地:富山県射水市北高木118-1
会社概要:ダイキャスト金型の設計、製造、金型部品製造
 
第4回試験問題より(抜粋)

◆実技問題
 
「ボトル形状の仕上げ用CLデータを作成してください。」
 
 

◆筆記問題

フィレット曲面を作成するコマンド群のうち、曲率連続指定できるものはどれですか。正しいものを1つ選択してください。

  1. 稜線フィレット
  2. SSフィレット
  3. 3接フィレット
  4. 弦フィレット

 
認定試験は筆記試験と実技試験により行われ、合格基準は合計点数が80点以上です。第4回の認定試験では6名の方が合格され、全合格者数は14名に昇っています。
第5回認定試験開催予定日 平成19年5月13日(日)
 
お知らせ

tools V3 Version 3.3.1 バージョンアップキットを12月21日に一斉配布させていただきました。尚キット内の書類に一部訂正がございます。SculptureCAM HOLEリリースキャンペーン期間の表記に以下の誤りがございました。くれぐれもお詫びいたします。
誤: 期間 〜2007年4月27日 納品分まで
正: 期間 〜2007年3月31日 納品分まで

GP Customer Direct 更新情報
 

テクニカルサポートサイト「GP Customer Direct」は 12/25更新予定です。
http://www.graphicproducts.co.jp/support


FAX紙面
(PDFファイル 115KB)

PDF データをダウンロードするには、アドビリーダーが必要となります。お持ちでない方は、右のバナーをクリックして、最新のアドビリーダーをダウンロードしてください。
サイトマップ