GP-LETTER
バックナンバー

2005年9月号 No.83
ギアケース加工概要

今月は、新製品 のテスト加工結果をご紹介いたします。

  精密金型
≪ギアケース加工概要≫
使用工作機械 三井精機工業株式会社殿
ワーク材質 NAK80 (40HRC相当)
ワーク寸法 206×220×220(mm)
使用工具 日立ツール株式会社殿
 
 
加工時間比較表

  精密金型
 
 
  精密金型
        ワークを傾けたキワ加工


tools MX テスト加工結果
今回テスト加工を行ったギアケース形状の加工において、従来の3軸加工ではL/D=10D以上の厳しい条件下でのミーリング加工+電極加工+側面部の抜き勾配方向の磨き工程が発生していました。
tools MX によるワンチャックホール加工で殆どのエリアを同=5D以下での加工を可能にし、放電加工を要せずに大幅な加工時間の短縮に成功しました。また傾斜を持った平坦部エリアにおいてフラット工具での仕上げ加工、更に抜き勾配角度にワークを傾ける事で側面部を抜き方向に合わせた削り目に仕上げる事が可能になり、今回の比較表には表記されていない「磨き」工数の大幅な削減も実現出来ました。
NC工作機械や切削工具の更なる可能性をも引き出し、従来の3軸加工の問題解決を強力に支援する tools MX。
今後も多くのユーザー様で問題解決、工数削減に大きく貢献していきます。

第二回 tools 認定試験開催のご案内

●開催日程  平成17年11月13日(日)
●開催場所  東京、北関東、大阪、名古屋

・お問い合わせは、最寄の営業所あてにご連絡ください。定員にはまだ若干の余裕があります。
・tools V3 による試験は今回までとなります。次回からはtools V3 バージョン3.1となります。
・合格者の方には右の腕時計を記念品として贈呈いたします。ふるってご参加下さい。



GPCDサイトを9/14に更新いたしました
http://www.graphicproducts.co.jp/support/


 


FAX紙面
(PDFファイル 164KB)

PDF データをダウンロードするには、アドビリーダーが必要となります。お持ちでない方は、右のバナーをクリックして、最新のアドビリーダーをダウンロードしてください。
サイトマップ